2004年03月19日

城端らしい公共建築

217_1.jpg 先月12日の日記に書いた、新町の町営住宅がだいぶ出来上がりました。 五月十五日の夜、この前で曳山がUターンするのが城端曳山祭のクライマックスなので近代的な建造物は似合わないと思ってました。 なかなかイイ感じなので、ホッとしています。 やはり地元の大工さんじゃないとダメですね。
 今年の曳山祭にはネットで知り合ったきもの好きの方がたくさんお越しくださるようで楽しみです。 本当にきものが似合う祭なのでお越しになる時はぜひおきもので…。 祭に参加した気分になれますよ。
【城端曳山祭】
http://www.town.johana.toyama.jp/home/festival/hikiyama/
【2004年2月の日記】
http://www.craft-ran.com/cgi-bin/kimono/sfs2_diary/200402.html
 今日は浅葱色の紬にひと色濃い目の半衿、グレー系の裂織りの角帯にチャコールグレーの袴、グレーベースの千鳥格子の足袋です。



人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88701063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。