2004年03月28日

城端をきもので散策しませんか? 2

226_1.jpg 金沢からきもの好きな方が遊びに来てくださいました。
 つもごり大市にもお見えになったんですが、葬儀で店を閉めていたので再度お越し下さったんです。

 左の方は紺地に小花の小紋に刺繍衿、半幅帯をしめて足元は太めの花緒の下駄。
 お子さんの赤いきものはお母さんのお古を直してます。
 右の方はきもの好きなお母さんからもらった40年以上前のウール、朱赤の半幅帯にブロック柄の半衿、色足袋はシンプリーコールで染めたそうです。
 ウールは年に一度は洗濯機の弱水流で洗うそうです。 僕も試してみようかなぁ…。

 しばらく店内でお話しした後、城端のロケーションの良いところをご紹介しました。
 3人がきもの姿で歩いて絵になる場所です。

 今日は白茶地に茶のネップが入った木綿単衣、グレー地の角帯をへたれ結びにして、焦げ茶の袴。
 薄茶の足袋に茶色の右近下駄。 柿色の半衿がアクセントです。

【つもごり大市】http://www.craft-ran.com/tugomori/index.html
【白タビを染める】http://www.craft-ran.com/wa/tabizome.html
【城端の小路】http://www.craft-ran.com/shouji/index.html



人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88702014

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。