2004年04月07日

夫婦できものを着る呉服店

237_1.jpg 下の子の小学校入学を期に、妻もきものを着て店に出ることになりました。
 今日が記念すべき初日です。
 紬地に裂れ取り風に染めを施したきものに、黒地に象の刺繍の名古屋帯。 半衿はベージュです。

 僕は縞の片貝木綿の下によきもの倶楽部のシャツ襦袢、半衿は細かいチェックの薄緑、黒の角帯にチャコールグレーの木綿袴、灰色の足袋にグレーの鼻緒の右近下駄。

 よきもの倶楽部のシャツはLサイズの女物ですが、僕でも問題なく着られました。 いままで使っていただまし半衿と併用してみるつもりです。

 二人とも無理のない範囲できものを着ますので、きもの談義にお立ち寄りください。
【だまし襦袢にだまし半衿をつける】
http://www.craft-ran.com/wa/damasi.html
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。