2004年04月09日

戦争と平和

239_1.jpg
 楽しいイベント企画やきものの話もしたかったけど、今日はどうしても書かずにはいられません。

 イラクで3邦人が人質になりました。他国の民間人も誘拐されています。
 イラクの為を思って活動しているボランティアを拉致するなど到底許されることではありません、この武装勢力が何者かはわかりませんが世界中を敵に回しています。
 しかしいまイラクは再び戦争状態に戻ったようです。 指揮系統も混乱し、追いつめられた武装勢力はなにをするか予測しづらいです。

 事件に対する小泉首相の答弁は冷酷です。 イラク復興よりもアメリカの面子を立てる為に派兵した自衛隊なのに「国際社会の笑い者になる」という理由で撤退をこれっぽちも考えないとは…やはり面子だけで生きてる張り子のライオンなんですね。

 そもそも民間人だけイラク入りしていたらこんな事件がおこる確率は低かったハズです。
 3人の心中を察すると涙が出そうになります。 怒りや恐れを通り越して「なぜ?」と深い悲しみに包まれてるのではないでしょうか?

 政府が、自衛隊に不慣れな救出作戦を実行させ国外で血を流すという、想定されうる最悪の事態を起こさぬことを祈りつつ、自分に何ができるのかを考えています。 時間がありません。

 写真は映画「戦争と平和」です(クリックで拡大)。 四ノ宮 浩監督がイラク入りして撮影したドキュメンタリーです。 
【戦争と平和】http://sensotoheiwa.office4-pro.com/

 今日は青い縞ウールにクリーム色の半衿、辛子色の角帯に帆布の袴、茶色の足袋に右近下駄。 妻はホタル絞りの紬に、更紗柄の名古屋帯です。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89633681

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。