2004年04月16日

きものdeわたし in 城端

247_1.jpg 店内に「よきもの倶楽部」のコーナーを設けました。
 木綿のプレタでいろいろ工夫されています。 基本的に単衣ですが、袖口に別布をつけてあったり、フリにホックがついていたり、襦袢無しで着られるように別衿付きのブラウスがあったりと…考えられてます。
 アイディア満載ですから、ぜひ店頭でご覧になってください。

 代表の今の呉服業界に対する考え方にも賛同します。 そうなんです、まず着ないことには和服は消えてなくなります。

 富山県内のきもの愛好家が自由に参加する「きもの de わたし」 呉服店主催ではなく和裁師さんがお世話方で販売行為も一切ありません。 好評でどんどん参加者が増えています。

 10回目の開催が5/15の城端曳山祭になりました。 どなたでも参加できますのでお気軽にお申し込みください。 参加費は実費(3,500円)です。
 詳しくは http://www.craft-ran.com/event/kimonode.jpg
 当店では着替える場所を提供しますので遠慮なくご利用ください。

【城端でこれからあるイベント案内】
http://blog.livedoor.jp/johana_event/

 今日は薄茶にネップの入った木綿の単衣に辛子色の角帯、半衿は生成とグレーの細いストライプ。 茶色の木綿袴にコーヒーブラウンのタビ、右近下駄です。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89866690

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。