2004年04月17日

伊勢木綿を自家消費

248_1.jpg 久しぶりに自分のきものを仕立てに出します。 今回は伊勢木綿です。
 前に下駄を自家消費したのが1月8日ですから、3ヶ月以上辛抱したことになります。

 伊勢木綿、昔は一世を風靡したのですが、いま残ってる織元は1軒だけになってしまいました。
 しかし、以前に比べて色や柄がかなり洗練されています。 また巾は尺五(1尺5分=44センチ)あるので、男性でもOKです。 写真に写ってるのは黒い綿裏地、肩当と居敷当に使います。

 きょうは朝から暖かい…というより暑い! 縞の片貝木綿の単衣に黒地に白絣が入った半衿をあわせ、濃いグレーの袴の下は兵児帯で楽〜に。 ライトグレーのタビに右近下駄です。
【2004年1月の日記】
http://www.craft-ran.com/cgi-bin/kimono/sfs2_diary/200401.html
【伊勢木綿】
http://www.craft-ran.com/wa/jiten/isemomen.html


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



タグ:伊勢木綿
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89866820

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。