2008年03月09日

ようやく完成 城端十景「織館」

1699_1.jpg

 6年前にスタートした自作切り絵(もどき)シリーズの城端十景。 このほどようやくコンプリートしました。
 最後の一箇所をどこにしようか悩みましたが、機の町城端の象徴である「じょうはな織館」に決めました。

 レトロな外観も捨てがたいのですが、内部のしつらえが大好きなので初の屋内にチャレンジします。 が、切って初めて「白壁は切り絵に向かない」ことにようやく気づきました(遅すぎ…)。 黒部分が切り落とされてしまうし、白の面積が多すぎると「絵」にならないんです。

 試行錯誤し悪戦苦闘すること十数時間、黒場を増やすことでなんとか解決しました。 白部分が減ったことで逆に、織館の特徴ある玄関が際立ったように思います。 ただ全体的に暗くなってしまったので、白枠で囲って締め、屋内ならではの切り取り感を表現したつもりです。 いかがでしょうか?

 きょうは縞木綿の下は黒の綿タートル、黒の角帯に帆布の袴、黒の足袋です。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

ラベル:切り絵
posted by きよべ at 00:00| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。