2003年05月08日

高足下(タカアシダ)

20030508124556.jpg 朝から強い雨が降っています。 こんなときは高下駄が重宝です。 祖母はゲタと言わずにタカアシダと呼んでます。 今から1000年以上も前からある呼称です。 ちなみに下駄の由来は桁(ケタ)から来たのではないかと言われています。
 普段履いている右近下駄だと跳ね上がるので後ろ裾が汚れます。 昔の人はうまいこと考えたものですね。
 写真の高下駄は高さが8センチあります。 これを履いて歩くと僕の身長が180センチにもなり見える世界が変わってしまいます。 新鮮ですよ〜。
 今日は寒いので青縞のウールに木綿袴。 半衿は先日新しく作った草木染め木綿です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年05月06日

だまし半衿

20030506190415.jpg 暑いです。 多分夏日なのではないでしょうか? 以前縫っただまし半衿がなんとなく冬素材なのでこれからの季節のものを作りました。
 上から生成木綿、綿チリメン(横布でとるので楊柳のように見えます)、草木染め木綿、横段地紋の入った木綿の4本です。 (クリックすると拡大)
 どうやって使うかは【「和」のデータベース】を参照してください。
http://www.craft-ran.com/wa/index.html

 今日は薄色の文人絣に薄茶色の腰無し袴(細身です)。 だまし襦袢につけた半衿は上段の生成を使っています。



人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年05月04日

湯通しにチャレンジ

20030505220645.jpg 冬眠から目覚め、お寺deフリマ(おてらでふりま)が始まりました。 快晴で気持ちの良い日です。
 主催者の思惑通りに、のんびりゆっくりしていてどこかホッとするフリマになりました。 当日の様子をアップしています。 【2003年5月4日のお寺deフリマ】
http://www.craft-ran.com/furima/20030504.html

 広幅木綿の気に入った生地が入荷したので、さっそく縫いにやることにしました。 自分で湯通しにチャレンジ。
詳細は掲示板をご参照ください。
【「和」について話しませんか】
http://www.craft-ran.com/bbs/

 今日は片貝木綿の縞に、焦げ茶の木綿袴です。 半衿をちょっと凝った素材に変えました。 後日ご紹介します。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月22日

絣nuno展

20030423162159.jpg 4/23〜5/04に2階ギャラリーで開催する『絣nuno(かすりぬの)展』の準備をしています。
 南アジアで生まれた絣の技法はアジア一帯に伝播され、日本へは沖縄経由で入ってきたといわれています。
 日本国内の絣(久米島紬、琉球紬、大島、久留米絣、弓浜絣、秦荘もめん、塩沢紬etc.)にさまざまな特徴があるように、アジア各国(タイ、インド、ラオス、インドネシア、カンボジアetc.)の絣にもいろいろな違いがあります。 違いを手に取って見ていただければと思います。 (写真をクリックすると拡大)

 今日は古い大島に木綿の袴。 寒いので茶色の足袋を穿いています。 だまし襦袢にだまし半衿をつけました。 方法については後日「和のデータベース」にアップします。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月11日

はんなりと着物好き

20030413224348.jpg 昨年の12/8に紹介したサイト「はんなり」のメンバーが遊びに来てくれました。 3人の女性のうちお二人はきもの姿で…。 昨日の若葉さんといい、きもの好きの輪が広がってるようで嬉しいです。
 ゆっくりお話しをしたあと、洋服でお越しの方に撫松庵のプレタきものを着てもらいました。 とても喜んでもらえたのでまたきものファンが増えたのではないかと思います。
 最後に記念撮影をパチリ! ニヤけてますねぇ→僕(笑) いかんいかん、こんなことでは(笑)

 今日は片貝木綿の単衣縞に代赭色(たいしゃいろ)の半衿。 薄手木綿の袴は後ろに袴腰が無い仕立です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月06日

着物の動物園

20030406133720.jpg 13日まで「着物の動物園」を開園しています。 「犬やネコ」「キツネにたぬきにヒツジにネズミ」はたまた「ロバやクジラ」etc.…。 楽しい柄の帯や着物が沢山集まりました。 フォーマル一辺倒だった和装業界でも楽しい物作りをしているメーカーがあるんです。
 カジュアルきものには遊び心が必要ですね。
【詳細】http://www.craft-ran.com/ht/03zoo.html

 ようやく暖かい日になりました。 桜のつぼみも緩んできたかなぁ…。 きょうは出丸桜の移植記念式典です。 木綿のきものと袴を着用しています。(クリックすると拡大)


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月28日

木綿の単衣

20030328143847.jpg とても暖かいので木綿の縞単衣を着ています。 袴も先日縫えた木綿です。
 昨年の日記を見ると、5月4日に単衣木綿を着ていますが、今年は特別に早い!
 ついでに…といっては変ですが、足袋も穿いていません。 素足に右近下駄というカジュアルな装いです。 これがとても気持ちが良い。
 寒くないかって? 秘密は下に着てる肌着にあります。 備長炭入りのものです。 お客様にお奨めする前にと自分で着てみましたが、とても快適ですね。
 実は普段はVネックのTシャツ一枚なのでした…。 もちろん襦袢も省略です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月26日

新ワードローブ

20030326224845.jpg 仕立てに出していた木綿の袴がようやく縫えてきました。 一見シケ引き風の茶色の染め生地です。 110センチ巾 \1480/mですからとても安くついています…仕立て代を除いて。

 さっそく穿いてみましたが、なかなか履き心地がよろしい。 軽くて柔らかいけど、しっかりしている。 茶縞のウールを合わせました。
 洋服でもそうですが、新しいワードローブが加わると夜にいろいろ組み合わせてみて楽しんでます。 長着+袴+色足袋+角帯+色半襟…。
 女の方はこれに帯締や帯揚、ひょっとしたらかさね衿も加わるので楽しみがぐんと増えますね。

 こうやってほとんど毎日きものを着ていると、目が慣れるらしく誰もなにも言いません。 むしろ洋服の時に「きょうどうしたが?」と聞かれるようになりました。

人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月21日

「城端十景 その二 宗林寺町

20030321182000.jpg 昨年9/26に発表した自作の切り絵(もどき)「城端十景」の続編ができました。 今度は宗林寺町。坡場(はば)の近くです。 町民なら誰でも知っている城端醤油の旧館(?)です。
 昨年の9/26に第一作を発表してから半年が経ってしまいました。 このぺースでいくと全部揃うまで五年以上かかることになりますね…。

 昨日からアメリカ対イラクの戦争が始まってしまいました。  どんな理由をつけようとも、武力をふりかざす戦争は殺人でしかありません。
 僕は断固この侵略戦争に反対します。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月20日

きよべの織物語

20030321171229.jpg 京都から桝蔵順彦(ますくらゆきひこ)さんにお越しいただき、織物の勉強会を開催しました。 平日にもかかわらず近在から沢山の方がお越しくださり、「織り」に対する関心の高さが伺えます。
 国内最高の伊予紬糸や余呉糸、天蚕、芭蕉布、和紙、これらを草木染めして織った帯や紬、ラオスの織物、インドネシアのクリキュラ繭など素材の話から始まり、織りの技法や機織りのアドバイスまで興味深くかつ楽しく聞かせていただきました。 参加してくださった方も大満足だったようです。
 「織物の町城端」復活をかけて改修される「じょうはな織館」の関係者にも是非聞いていただきたかったのですが…それだけが残念です。
 きょうはその桝蔵さんが織った紬に袴を合わせました。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月19日

桜花展

20030319202145.jpg 明日からいよいよ桜花展です。 朝からバタバタと準備に追われています。 久しぶりの催事なのでお客様に喜んでいただけるよういろいろ考えています。 写真の案内状もそのひとつ…春らしいでしょ。

 4/5〜13に開催する「城端しだれ桜まつり」の打ち合わせに別院へお邪魔しました。 別院秘蔵のお宝のひとつ郷倉千靭(ごうくらせんじん)の襖絵(なんと20枚)と娘;郷倉和子さんの屏風を期間中に一般公開することになりました。 別院内のガイドつきで500円です。
 4/5〜12の午前10時もしくは午後1時に別院台所門にお集まりください。 写真で拝見しましたが、それはそれは奇麗で見事なものでした。
 また4/13には襖絵の部屋(御殿)で城端庵唄を聞きながら美味しい精進料理を食べていただく限定30名様のコースも準備しています。 お抹茶と主菓子つきでとってもお得な3500円です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月15日

袴の結び方

20030315211446.jpg 木綿袴はカジュアルに結びきりにしているのですが、ちょっと気分を変えたくてオリジナル結び(?)にしてみました。 名付けて「×(バッテン)結び」
 いかがですか?ちょっと可愛げがあっていいでしょ? どう結ぶかはそのうち「和について話しませんか?」の掲示板で紹介します。 簡単なんですけどね。

 20日から23日までの「桜花展」の準備に追われています。 ななかなかきれいな案内状(手作り)ができたのでうれしいです。
 しかし同時進行で「しだれ桜まつり」の段取りもせねばならないのでいっぱいいっぱいでフラフラです。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月12日

ダカ織

20030313172459.jpg ネパールのダカ織り生地(木綿)で作られた半幅帯とバッグが入荷しました。 帯とBagが同柄だなんてお洒落でしょ。
 ダカ織は非常に原始的な方法で、おそろしく手間のかかる高等な柄を織り出します。 首都カトマンズ周辺の女性達が下絵もなしに織り上げるそうです。 色使いといい柄といいどこか魅かれれるものがありませんか?

 きょうは新しく仕立て上がった余呉&結城紬を着ています。 せっかくだから?と着流しです。 写真を撮ってみたんですが残念ながらうまくいきませんでした。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月09日

一年越しのきもの

20030309173941.jpg 昨年2月26日の日記にかいた紬がようやく仕立て上がりました。 自家用はどうしても後回しになります。
 京都の桝蔵順彦さんという方に余呉糸と結城の細糸を合わせて織ってもらったグレーの縞です。
 裏は細番手の金巾の濃茶をつけました。 僕は長着に正絹の裏をつけるのがあまり好きではありません。 木綿のほうが丈夫ですし、品の良いものはとても着心地がいいのです。
 今月20日に店内で桝蔵さんのレクチャーがあります。 話題は織物全般。 無料ですのでお気軽にお越しください。

 きょうは海老茶のヒゲつむぎに木綿の袴。 ストールで見えないのですが、半襟は赤みがかった柿色でおしゃれに決めてみました。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月06日

「職人」

20030307195645.jpg 永 六輔さんの「職人」を読みました。 永さんは城端をとても気に入ってくださって何度もお越しになっています。 その時よく尺貫法の話題が出たので、一度いきさつを知っておきたかったのです。
 ご存知のように我々呉服業界では鯨尺(くじらじゃく)を使っています。 これは1寸が約3.79センチです。 これに対し大工さんなどは曲尺(かねじゃく)は約3.03センチ。 ややこしいのですが、2種類の尺があります。 しかも呉服のほうでも草履のなんかは曲尺だったりして、ちょっと混乱モード。
 しかし、尺貫法じゃないとしっくりこないんです。 センチでいわれるとなんか半端に思えてしまう。
 この尺という単位を正式な場所で使うことを禁じたのが1959年にできた計量法です。 これには日本中の職人さんが困ってしまい、助けるために永さん達が面白おかしく運動を始めたわけです。 で、運動のかいあって現在ウヤムヤのまま尺貫法を使っております。 ありがとうございます。
 きょうは青縞のウールに薄手の木綿袴。 襟元にグレー正絹のショールを合わせました。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月25日

春の帯揚

20030225170811.jpg 鬼シボちりめんに小桜の刺繍をほどこした帯揚げです。 附下や訪問着に良いと思います。
 急に暖かくなって、すっかり春の陽気です。 しかしさすが城端、タンボに残雪があります。 京都の問屋さんがビックリしてました。

 つごもり大市の宣伝でKNBラジオ相本商店で電話インタビューをうけました。 うまく伝わったかなぁ…。 たくさんの方が来てくださるとありがたいです。
 28日から3日間、店前で焼きイモ屋をするので、午前中に機材を準備しました。 意外に手近な材料で本格的な石焼いもができるんですよ。 ちかいうちにノウハウをアップします。

 きょうは木綿の袷に木綿の袴。 この袷をそろそろ水洗いします。 これまた結果をレポートします。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月13日

便利な小物 その1

20030213143537.jpg 以前、観世流太鼓方職分 徳田宗久さんをお招きして講演会を開催しました。 徳田さんが「衿止め(合わせ止め)をもっと利用するといいのに…」とおっしゃってたので、「なるほど!」と実践しています。
 実はそれまで男のきものに衿止めなんて…と思ってたのですが、使ってみるとまことに具合がよい。
 僕は痩せているので、上半身をゆったりと着るのが好きです。 衿の合せ具合も、詰まりすぎず、アバアバ(=だらけた状態)にならずにするのが微妙だったんですが、この衿止めを使うとピタリと決まります。 ということで、襦袢用・きもの用と2本使ってます。
 きょうはチラホラと雪模様。 青縞のウールに灰汁色(あくいろ)の木綿袴。 グレーの絹ストール。 外出時には撫松庵のコートを羽織ってます。 役場で「カッコイイ」と誉められました。 照れくさいけど嬉しいものです。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月07日

自転車に乗る

20030207191307.jpg 雪が緩んだので自転車に乗ってます。 袴で自転車に乗るときはコツがいるんですよ。
 まず、サドルにまたがって、片足をペダルに乗せます、この時に袴の裾を踏んでることが多いので注意。
 少しコイだら反対側の袴を手でずり上げながら、もう一方をペダルにおろします。 もちろんこれも裾を踏まない為です。

 あとは視線を多少気にしながら軽やかにペダルをこぐだけ…。 快適なサイクリングを保証します。
 あ、衿もとの防寒をお忘れなく…。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月03日

琉球紅型

20030204235308.jpg 竺仙の浴衣を仕入れに京都にいます。 琉球紅型の知念貞男さんの実演会を拝見しました。
 写真は名古屋帯を染めているところです。6尺の型紙を豆汁を塗った生地の上に載せ、顔料をさしていきます。 右手に2本の筆を持ち、一方で彩色し、もう一方で擦り込ませます。
 「沖縄と京都では湿度が違うので、きれいに仕上げるのが難しい」とおっしゃってました。 ノウハウは別の機会に書きます。

 朝8時から深夜12時まできものを着ていましたが、暖かいし楽です。 右近下駄で距離もけっこう歩きましたが、そんなに疲れてません。 旅行にはきものがいいかも…。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月26日

オフ会に参加

20030128113925.jpg 「はんなり」という会のオフ会(オフラインミーティングの略で、ネット繋がりの仲間が直接会って話をすること)に参加しました。 場所は金沢東山のくるみやさんの2階。 お正月あそびをして楽しく過ごしました。
 初対面にもかからわず、親しくお話しできたのも同じ趣味(「和」が好き)の集まりだからでしょうね。 あっという間の3時間でした。
 テーマが「東山」「夢二」だったので、衣装に悩みました。 木綿ふくれ織りの生地の袷に、黒で地紋のある半衿をつけ、角帯は茶と黄色のリバーシブルを前でチョイとひねって浪人結び。 フトコロに男女の足もとが染め抜いた手ぬぐいを入れました。
 怪しげな格好なんですが、写真をみてわかるように皆さんもっと変わったきもの姿で…。 観光客の衆目を集めてました。
 最後に宇多須神社の前でパチリ。(クリックすると拡大)




posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月11日

平成15年城端町成人式

20030111113322.jpg 好天に恵まれた成人式に趣味と実益を兼ねていってきました。 新成人に敬意を表して袴と道服姿で…。
 今年は男の紋付き袴姿が目に付きました。 時代劇ブームとやらの影響でしょうか? でも目立ちたいからか、キラキラの色羽織ばっかりで、黒の紋付は見あたらなかったのが残念です。 ま、黒の紋付袴は若い衆(笑)には着こなせないから仕方ないか…。
 女性は…写真の通り華やかです。 さすがにフワフワのショールは減りました。(ウチではお勧めしていません。だって一番大事な襟元が見えなくなるし)
     (写真をクリックすると拡大します)




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月08日

呉服屋冥利とは

20030108155729.jpg そろそろ成人の日。 混み合う式当日を外して、写真の前撮りをなさる方が増えています。
 今日は2人の新成人を見ることが出来ました。 おひとりは振袖の着付を店内でさせていただきました。 が、もうおひとりは、わざわざ見せに来てくださったんです。 うれしいものです。 例えは違うけど卒業した生徒を見守る教師の気持ちかな??
 感激のあまりつづらこみちで写真をパチリ!

 今日は天候にも恵まれ、あれほどあった雪があれよあれよという間に消えていきました。
 除雪の必要がないので、木綿の袷に袴を履いています。 軽くて暖かくって快適です。
 小さな子どもを持つ父親が僕のきもの姿を見て「自分も…」と言ってくださったそうです。 若い人でも日本文化のすばらしさに気づいてる人がいると思うと、またまた感激です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月06日

年始へ

20030107121416.jpg 一般企業は今日が仕事初め。 金沢市内の問屋さんへ年頭のご挨拶に伺いました。
 夫婦揃ってきもの姿で…と前夜から準備していたのですが、雪が激しく降り続き、万一車がスタックしたときのことを考えて(実は前夜経験しました)、あきらめて僕は洋服姿に。
 妻はグレーのチリメン地市松小紋に、多ち花という染め元の名古屋帯、グレー系の道行コートを羽織ります。
 出発前に娘をJRで見送りました。 砺波まで自分で切符を買って通ってます。 根性あるなと我が娘ながらビックリします。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月02日

初売り

20030102150234.jpg 朝7時に起きたら20cm雪が積もってました。 急いで店の前を除雪し、初売りの準備をします。 9時に花火があがり一斉に店を開けるんです。 あいにくの天候ですが、お客様がけっこうお見えになり福袋は早々に売りきれました。
 写真は福引き会場の様子です。 ここも午前中はパニックだったそうです。

 普段は着ないのですが、きょうは浅葱色の紬のアンサンブルを着ています。お正月気分を味わって…。 角帯は辛子色のものを浪人結びにしています。
 お正月ということで、12/20に紹介した右近下駄をおろしました。 正月に新しいものを身につけるのはいい気分です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月24日

クリスマスそして…

20021224132623.jpg クリスマスイヴですが、今年はなぜかそんな気になれません。店でこつこつお正月を迎える準備をしています。
 普段拭けない2階の窓ガラスをきれいにしてもらい、一年の汚れを早めに落とし始めます。 3日の同級会の連絡もしました。 
 そして2日の初売りにお渡しする品を包んでいます。 干支のきれいなハンカチです。 笑顔で年頭のごあいさつができることを願って…。 (クリックすると拡大します)
 お正月三ガ日にきもの姿でお越しになった方に、真新しい白タビをお渡しするつもりです。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月21日

半額市

20021221140221.jpg 年に一度だけのバーゲンが始まりました。
 店頭にある手持ちの商品を半額で提供いたします。 うちは普段は赤札にはしないんですが、12月が決算なので、思い切ってます。
 黒留袖から大島まで、多種多様に揃ってます。 また帯締め帯揚げなどの和装小物も半額です。 お正月前にぜひどうぞ!
 12月31日まで開催しています。

 今日は下に久留米絣のスタンドカラーシャツを着ています。 久しぶりにヒネた書生風です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月20日

お正月準備

20021220184312.jpg 今年も残すところあとわずか。 バタバタしているうちにあっと言う間に終わっちゃいそうです。
 2日から初売りなので、休みは元旦だけになります。 …が、今年は同級生と神明宮でお祓いをしてもらう世話方をしてるので忙しそうです。 正月早々あたふたするのが目に見えてます。

 昔の人は新年を迎えるにあたって、身につけるものを新しくしました。 「すべて新調」はできないので、右近ゲタをおろすことにしました。 お召しの鼻緒を寸法に合わせてすげた特注品です。 カジュアルなきものに良くあうと思います。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月14日

裂き織りの角帯

20021214121235.jpg 母が昔の人の帯を探し出してくれました。 巾5寸の裂織です。 年配向けのの6寸帯は今でもありますが、5寸巾は知りませんでした。
 半分に折るとちょうど角帯の巾になるので早速締めてみました。(写真をクリックすると拡大します)
 厚みがあるのでなかなか大変なのですが、緩みません。 長さが少し足りないので、浪人結びにしています。
 左上にチョロッと見えているのは絹のストールです。

 そういえば今夜は忠臣蔵の日ですね。あまり詳しくは無いのですが、蕎麦好きなので嬉しいです(笑)


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月13日

きもので除雪

20021213130840.jpg この季節は毎朝店の前の雪をよかしてます。
 歩道と車道の間に流雪溝があり定時(朝10時〜11時)に水が流れます。 そこ目がけてご近所総出で一斉に雪を流すわけです。
 今日は朝から和装だったので、そのまま除雪しました。 木綿の袴姿に長靴、朱色の手袋がおしゃれでしょ(笑)
 このあと雪が激しく降ってきたので、さすがに上からポンチョを羽織りました。 きもの姿でも大抵のことはできます。

 手にしている緑の物体はスノーダンプ、通称ママさんダンプといいます。 雪国の必需品です。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月06日

きもののポケット

20021206105415.jpg 日常にきものを着るには、いろいろ持ち歩かなくてはならない小物があります(5/24の日記参照)。
 僕は写真のように袴紐に巾着をくくりつけています。 もちろん目立たないように袴の中に入れます。

 また下前の腹あたりに共生地で貼ポケットをつけてます。
 きものは洗い張りして左右身頃を繰りまわすので、ホントはこんなことしないほうがいいんですけど、ものがウールなので…。正絹ではさすがにもったいなくてできません。

 袴姿が多いのですが、着流しの時はあじろの巾着(8/27参照)か印伝の巾着をきものに合わせて使い分けてます。

 今日は誕生日です。「おめでとう」と言ってくれる家族がいることに感謝。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月04日

和の色名

20021204173437.jpg 11/21に雪だるまの帯揚を紹介しました。 今度は犬の足跡の帯揚です。 写真では色がわかりにくいですが、鉄紺と橡色(つるばみいろ)の中間くらいの地色に可愛い子犬の足跡を絞り抜いています。 小物メーカーの社長の愛犬だそうです(^^)
参照【和の色名】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html

 木綿の袷に焦げ茶の角帯を浪人結びにし、古着(改)の胴着をまといます。 檜皮(ひわだ)色の半衿は2日に縫ったものを使用しました。
【半衿については】→ http://www.craft-ran.com/bbs/



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月03日

スローウェア

20021203123025.jpg 筑紫哲也さんがNews23の多事争論で「スローライフ」について話していました。 スロー…は僕がいま一番気にしているテーマです。 忙しさにかまけて、いろんなものを捨ててしまっている自分にふと気づくことがあります。
 スローウェアは 和服や、手織りの生地で作った洋服など だそうです。 これからますます日常着としてのきものが見直されてくると信じたいです。

 「和」について話しませんか? という掲示板を設置しました。 http://www.craft-ran.com/bbs/
 「和」にこだわらずとも結構です。 足跡を残していってください。
 現在、掲示板で「男の半衿」のアイディアを紹介しています。 感想やご意見などいただければ、幸いです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月28日

新しいきもの?

20021201161801.jpg 縞の女物の古着を直して着ています。 10月11日の「古裂三昧」初日に着たものです。
 袖を外し、袖布で袖付けを処理し、丈を少し詰め、前下がりをつけてあります。 長さのバランスが微妙なので何度もピンで留めて丈を決めました。
 これはなんて呼べばいいのでしょうか? 世間にないものです。 仮に胴着と呼びます。
 裄や丈の短い女物古着のリフォームとしてこの胴着ほど簡単な物はないのではないでしょうか? バチ衿のきものならスグに直せますよ。
 風を切って颯爽と歩くとカッコいいと自分では思ってます。 コレ流行らないかなぁ…。
 弱点は立ち上がるときに裾を踏んでいることが多いこと。 長いもんなぁ…。 

 下は木綿の生地をきものに仕立て、茶色の金巾(カナキン)をつけてあります。 暖かいし、ウールより裾さばきがいいので楽です。 角帯は浪人結びにしました。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月22日

可愛い帯あげ

20021201155921.jpg 新しく入った帯揚です。 エンジ地に雪だるまの柄なんですが、見ようによっては おじゃる丸のびんちゃんに見えなくもありません(笑)
 きものはこういう小物で遊べるから楽しいですね。 男物は女物ほど種類がないのが悔しいです。

 あ、そうそう子犬の足跡の帯揚もあるんですよ。 今度写真をアップします。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月20日

伊那紬展

20021120123307.jpg 20日まで素朴な信州の伊那紬展を開催しています。
 信州には伊那紬(いなつむぎ)、上田紬、松本紬、飯田紬があり、ひとくくりにして信州紬とよばれることが多いです。
 しかしそれぞれに特徴があり、伊那紬は草木で染め手織りした、手触りの温かい紬です。(ちなみに上田紬は縞紬、松本紬は山繭紬、飯田紬は格子柄)
 草木の微妙な色合いで評判も上々です。

 きょうのいでたちはグレー縦じまの紬を着流しで、角帯は手織りのちょっと凝ったものをしめました。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月19日

朝焼け

20021119213817.jpg 早起きして外を見ると、ちょうど太陽が顔をだす直前でした。 袴腰の西の山(アンテナ付近)がほんのり赤みを帯びているのがわかるでしょうか?

 寒くなりました。 きものの上にもう一枚欲しくなりますね。 道行コートもいいですが、素敵な大判のショールをお勧めします。 値ごろですし、変化をつけられますから。
 新作のショールが入荷しました。 大幅のチリメン地でとってもお洒落です。 ボカシと絞りがあります。 是非店頭でごらんください。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月13日

着樂展

20021113101102.jpg 今日から着樂展(きらくてん)です。
 その名の通り気軽にきものを楽しんでもらおうという趣旨で、日本国内の片貝木綿、久留米かすり、インドの野蚕COSAシルク、バナラシ織物、ラオスのパークサン織、ネパールのダカ織、タイの野蚕、インドネシアのイカットなど…。 国内外のすてきな織物をきものや帯に仕立ちゃいます。
 染め柄ではいたやなおみコレクションのポリ&木綿のきもの…。 撫松庵などのプレタきものも。
 帯は「らくらく小町」仕立なららくちん。
 とにかくクリスマスパーティーにきものを着ちゃおう…という会です。 うまく揃えると5万円程度できものと帯が手にはいります。
 呉服のきよべと素材の蔵布都 藍との合同開催だからこそできる企画だと思ってます。
 地元北日本新聞の記事になりました。http://www.craft-ran.com/event/kiraku.JPEG

 今日のいでたちは、昨日寝押しした木綿の袷に草木染の袴です。 この袷はどんどん袖を通していろいろ試してみるつもりです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月12日

寝押し

20021113094436.jpg 昨日ようやく木綿のきものが仕立て上がってきました。110cm巾の織物で産地は新潟県です。 もともときもの用の生地ではないのですが、素敵なのと安い(¥1,470/m)のとで決めました。
 用丈は5mですので、表生地だけだと8,000円でおつりがきます。 今回は総裏にし、焦茶の金巾(かなきん)をつけました。 裏地が17,000円で、表生地の倍です。男のお洒落は裏地に凝るんです(笑)
 生地が厚いのと仕立てて間もないのでブカブカしています。 そこで必殺技「寝押し!」 布団の下できものを畳み、2晩しっかり押しをします。 体内からでる水蒸気と熱で見事にプレスされました。
 あ、自家用だからこんなこと(寝押し)してるんですよ。 お客様のおきものは畏れ多くてそんなことできません。 ご安心ください(笑)





posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月07日

ご近所のアイドルPart1

20021107125809.jpg 11月にはいって初めての好天です。 先日来の寒波であっと言う間に東山(ツクバネ山系のこと)が真っ白になり、五箇山には積雪があったと聞きました。

 今朝の冷えこみがきつかったので、ついに道服を引っ張りだしました。
 若い銀行員さんに「ジーンズの生地みたいですね」と言われました。 そうなんです、いままできものにしなかった素材にどんどんチャレンジするつもりです。
 あれこれ考えると和服もまだまだ可能性があると思います。

 写真はお向かいの薬局で店番をしているペスです。かなりの老犬なんですが、愛想がよく、子ども達のアイドルです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月05日

いけない広告

20021105115524.jpg 皆さんの家に「きものをプレゼント」とか「きもの振興の為のアンケート」とか届くことはありませんか?
 公の和装振興団体では「無料プレゼント」などやっておりません。お手持ちのきものを着る機会を増やそうという催しは企画してますが。

 ハッキリ言って「プレゼント」の類はほとんど詐欺に近い商売です。 きものは無料でも高額の帯を買わされたり、裏地と仕立ては別途支払うことになっていたり…。
 市場価格が8万円程度の帯が50万円だったり、訪問着の仕立代と裏地の合計が10万円だったり…。 無料のきものは金融商品で捨て値の物だったり…。

 こういった詐欺的な商売に騙されて、きもの嫌いになる方が多いので悔しくてなりません。
 適正な価格で良い物をお届けするのが、うちのような家業店の努めだと信じています。 まずお客様への正しい情報発信をしないといけないと思ってこのサイトを運営しています。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。