2002年11月02日

きもの×おしゃまワールド

20021102121244.jpg 春に男のきもののポスターを貼りだしたら反響が凄かったんです。 それで秋バージョンを作りました。 子どものカジュアルきものの提案です。 「おしゃま」って富山弁でいうと「ませこい」ですかね。
 今まで「子どものきもの」というと七五三などにみられる礼装中心でしたが、このポスターの様におしゃれなものだと着せてみたいと思いませんか? 親子できものってのもイイですね。 なお、画像をクリックすると、拡大します。

 先ほどお客さまがきもの姿でお越しくださいました。とっても嬉しいし励みになります。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月30日

きもので美術館

20021031093642.jpg 午後から富山県水墨美術館で開催されている「上村松園・鏑木清方展」を見てきました。 うちと同じ月曜日が休みなので、この美術館は初めてです。 ゆったりスペースがとってあっていいですね。
 午前中は荒れ模様でしたが、午後からお日様がさしてきて冷えるけど良い天気です。 縞のきものに撫松庵のロングコートを羽織って出かけました。
 会場は予想をはるかに上回る人出で行列状態です。 ちょっと気後れしながらも小一時間じっくり鑑賞してきました。 原画を見たことがなかったので色使いなどとても参考になりました。 また 鏑木清方さんの画風の変遷(?)もよくわかります。
 会場にはきもの姿の女性もちらほら見られ、混雑する会場内にホッとした雰囲気をいれてました。

 企画展を記念してつくられた本を購入しました。 店にありますのでよろしければご覧ください。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月23日

お茶席のきもの展

20021023111921.jpg 今日から「お茶席のきもの展」と題して、無地感覚のきものを特集したミニ催事を始めました。

 同時開催は『小さな粘土展』
「手のひらにのる小さなハッピーをお届けします」ということで親指の先に載るミニチュアフィギュアやアクセサリーを並べています。その数ゆうに150超! 小さいとはいえ壮観です。

 写真は『小さな粘土展』の様子です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月18日

カジュアル着物

20021018162050.jpg 11月の13日〜17日まで カジュアルなきものをご提案する「着樂展」を開催します。 きものを楽しむというのと、気楽にというのをかけたタイトルです。
 今年のクリスマスパーティーは着物姿で!

 木綿や紬や縞の、おしゃれな物を各地から集めます。 仕立てあげて10万円以下です。 袷で5万円位のものもあります。
 久留米絣や片貝木綿はもちろん、インド・タイなどの天蚕、インドネシアのイカットなど、様々な素材がいろいろ揃うのでお楽しみに…。
 撫松庵などのプレタきものもあります。

 ちなみに妻がしめている帯は木綿です。 両面使える京袋に仕立てました。 仕立て上げて12、000円です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月05日

きもの姿で自転車

20021006143557.jpg 袴姿で自転車に乗り町を探検しました。
 乗るときに袴の裾をペダルと一緒に踏まないように気をつければあとは快適です。 でもいつものマウンテンバイクはさすがに無理でした(^^; 俗にいうママちゃりです。

 野下に水月庵という曹洞宗のお寺があります。城端は機の町として栄えました。 その繊維関係と縁の深い寺ということですが、由来は謎に包まれています。
 入ってすぐの手洗いの屋根に加賀藩前田家の梅鉢紋がバーンと入っています。 庇護を受けていたのでしょうか?


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月03日

「きものであそぼ」

20021004095130.jpg 遠藤瓔子さんの「きものであそぼ」がようやく届きました。
古着を上手にコーディネートして、1万円以内でカジュアルなきものを組み合わせています。 きもの好きにはタマラナイ本だと思います。
 11日からの「古裂三昧」の参考書にもなりますね。
 秋の夜長に…と見ましたが、面白くってあっと言う間に見終わってしまいました。
 Q&Aでも迷わず断言しちゃってるのがいさぎよいです。

さぁ〜てこれから読書の秋、どんな本を読もうかなぁ…。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月01日

琳派百図展

20021003113008.jpg 日帰りで仕入れに行きました。
 京都文化博物館で「琳派百図展」を開催していたので、時間を工面して覗いてきました。 主催は社団法人日本伝統染色工芸保存協会です。 京都新聞やNHKなども取材に来ていてにぎやかでしたよ。

 あ、きれいな小紋や名古屋帯、さらにカジュアルきものも沢山仕入れてきたので、近々ご覧にいれることができると思います。

 台風の影響で大平洋側のJRダイヤが大混乱で、帰りのサンダーバーども30分遅れでした。





人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月29日

いよいよ袷

20020930172247.jpg いよいよ9月ものこり僅か、もういいだろうと大島の袷に木綿の袴を合わせました。
 襦袢はだまし襦袢に特殊な方法で半衿をかけてます。 半衿の高さを調整できるようになってるんですが、今回は高すぎですね。もう3ミリほど控えた方がいいようです。 詳細はまたサイトにて報告します。

 写真はお客様にお出ししたぜんざいです。祖母が昔買ったというかわいらしい蓋付き椀を使いました。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月28日

桝蔵順彦の世界

20020929091932.jpg 西陣の桝蔵さんという若い方が手織りの帯を作ってます。 素材と織り方にこだわった楽しい帯です。
 観劇や遊び着におすすめです。 手織りといってもそんなに高くないのが驚きです。 お洒落袋の極みといえるのではないでしょうか?

 展示会も2日目。土曜日ということもあって、たくさんのお客様が来てくださいました。 こんな時期なのに感謝感激です。

 だんだん涼しくなってます。 きょうはついに縞のウールを着ました。このきものは内ポケットをつけてあるので、手帳とかが入って便利です。 袴も酒袋風の生地でつくったゴッツイものです。

 夜なべ仕事(笑)で、新しく考えた衿をだまし襦袢に付けてみました。 明日試しに着てみます。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月27日

タビを履く

20020928092336.jpg 夏場は暑いのできものを着ているときは、ず〜っと素足でした。 が、今日からタビを着用しています。
 グレーがかった薄緑色の草木染の袴なので、タビもグレーで合わせました。 男のきものって八卦や帯締めがあるわけじゃなし、女物に比べて色数がぐーんと少ないですが、ちょこっと見えるところでお洒落したいですね。

 今月から「普段に着られるきもの」を提案しています。若い方に好評で一枚作っていただきました。 仕立て上げて2万ちょっとです。 とてもハッピーな気分です。

 写真は五嶋紐展の様子です。 それぞれに名前が付いています。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月26日

展示会の準備におわれる

20020928091847.jpg 明日から「秋麗展」です。 この秋一番の催事として力を入れています。

 今回はじめて折り込みチラシに自作の切り絵(もどき)を使いました。「城端十景 その一 川島」です。 連作で続けていこうと思ってます。

 意外に好評で、お客様からお褒めの言葉をたくさん頂戴して恐縮至極です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月22日

大事にしているゲタ

20020924173437.jpg 草履というのもアレなんで(笑)、いつもはゲタを履いてます。
 写真の焼き杉の下駄はもうどのくらい使ってるでしょうか? 裏にゴムが貼ってあるので、気兼ねせずに歩けます。 しかし階段などで先っぽをひっかけるとパキィ!とすぐ粉々に…。 そのつど木工用ボンドで補修してます。
 きょうもお客様の家から帰るときにやっちゃいました。パーツが足らなくてだんだんチビてきてるのがわかるでしょうか?

 ちなみにバックの床材は100年以上前の蔵の床板を剥がしてもってきたものです。それに負けず劣らず良い味だしてるでしょ? >ゲタ

あ、きものは白の文人絣に茶色の木綿袴です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月21日

一本たすき好評

20020922150329.jpg 3月14日にご紹介した「一本たすき」を製品化してみました。これが意外とよく売れています。
 むぎや祭で僕と母がつけているのを見て、観光で来られた方が何本か買っていかれました。それなら…と最初から組んでみたのですが、すぐ売れちゃいます。
 きものを着ることが少なくなったとはいえ、やはり需要はあるものです。 嬉しいです。

 きょうは木綿のきものに同じく木綿の袴です。展示会の案内状を手配りしているのですが、いでたちの評判がいいので得意です。総額上代6万円位(仕立代含む)ですから、長い目でみればそう高くはないハズ…。 スーツよりは長く着られます。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月13日

トンボ玉のかんざし

20020913131527.jpg 先日京都で素敵な小物を見つけました。蜻蛉玉で作られたかんざしです。京都の女性が作っています。
 とんぼ玉ですから、ひとつひとつがすべて手作りで、同じ物はありません。 繊細で、色も深みがあり、和服にもよく合いそうです。 芯棒(?)には横溝がきってあり、ズレにくくなってます。
 こんな楽しい小物をどんどん見つけてきます。

 今日のいでたちは、縞の着物に、木綿の袴。今までと紐の結び方を変えてみました。すっきりしていると自画自賛です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月08日

いよいよ衣装

20020910173038.jpg 麦屋祭も近づき、地方、踊り方へ衣装が配られれました。
男は紋付に袴姿。とても凛々しいいでたちです。
 木綿の紋付には町内の家紋が入ってます。 我が西上町は蔓柏です。 裏無しの単衣なんですが、9月のステージは照明などで暑くってさながら灼熱地獄のようです。
 襦袢は着ずに、白い重ね衿を半衿がわりに縫いつけます。 袴は木綿の福野縞。 
 踊り方は、これにタスキ、ハチマキ、手っ甲と刀がつきます。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月02日

皇妃エリザベート

20020904093710.jpg 日帰りで京都出張してきました。
朝6時に家を出て、7時に金沢からサンダーバードに搭乗、9時半には京都市内です。早い!
早足でたくさんの問屋さんと小物やさん、和雑貨屋さんを回りました。商品はボチボチ入ってきますのでお楽しみに。

 9月27.28.29日に開催する『秋麗展』用の商品も仕入れてきました。品川恭子さんの帯です。
「メイプル」という雑誌に樋口可南子さんが、きものまわりという連載を持ってらっしゃいます(最近一冊の本にもなりました)。そこでよくお召しになっていらっしゃるきものを作っておられるのが品川さんです。色使いが美しく、やわらかものの中ではピカ一のきものだと思います。
 『秋麗展』ではこの品川さんの作品と、北村武資さんの経錦、五嶋紐などを特集します。

 さて、帰りに駅の伊勢丹美術館「えき」KYOTOで「皇妃エリザベート展」を見てきました(10/27まで)。
ハプスブルグ家ゆかりの秘蔵コレクション初公開…ということで黒山の人だかり←(大げさ)
僕は…美しいエリザベートの肖像画をぼーっと見続けてました(笑)



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月29日

和服の日

 きょうは8月29日 ゴロあわせで「わふくの日」と勝手に決めて秘かに(←ここがミソ)
イベントをやっちょります。
 小物を特価でお出ししたり、ご来店のお客様にささやかなプレゼントをしたり…。

 当然きもの着用しておりますが、外気温が33℃を超えています!
しゃれた薄物でも…と思ってたんですが、一番涼しい麻の浴衣にしました。
 前回に引き続いて着流しです…が、なぜか落ち着きません。やはり袴がいいです。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月28日

撫松庵の小物

20020828173254.jpg 撫松庵でた〜くさん小物を仕入れました。
写真の髪飾り(子ども用)をはじめ、絞り布をつけた髪留、色タビ、そして和装用手袋まで…。
 冬の浴衣と呼んでいる、ウールなどもぼちぼち入荷しています。
美空ひばりのようなミュージカル柄(って書くと誰も買ってくれないだろうなぁ…)が、関西弁でいうところの「いちびり」で素敵です。
 女の人は楽しいですね〜。それに比べて男の小物の貧弱なこと…。良いものはベラボーな値段だし…トホホってかんじです。
いまさらながら、自分用に味のある扇子を捜しています。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月27日

今秋の自家消費(苦笑)

20020828113722.jpg 暑さがぶり返してきました。連日30℃をゆうに超してます。富山もですが、京都も暑いそうです。問屋さんもヘタッてました。
 でも9月に入れば急激に涼しくなると思われるので、そろそろ秋のワードローブ(笑)の準備をしなくては…。
 普段は印伝の巾着もしくは木綿の巾着を持ち歩いているのですが、偶然道服と同じ素材でつくった巾着を発見しました。
 今秋の自家用アイテムはこれに決定(笑)
・・・・・・・・・・・・自家消費が増えるばかりなり…。

 色違いもありますので、よろしければどうぞ…とショーバイも忘れない(笑)



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月23日

袴姿は背筋ものびます

20020823101146.jpg以前縫いに出した袴がようやく仕立て上がりました。7/20だったので1カ月程度でしたね。
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200207.html

 草木染の木綿袴。深川鼠と苔色を足して割ったような色です。
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/r-hukaga.html
細めに縫ってもらいました。
きものはグレーの縞木綿。袴に合わせてちょっとくすんだ青竹色の半衿を使いました。
 角帯は羅の黄系でアクセントカラーになって…ますか?



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月21日

こんなに楽しい名古屋帯展

20020821174531.jpg 明日22日から29日まで「こんなに楽しい名古屋帯展」を開催します。
 「帯の柄は花鳥風月だけではないんです。見てるだけでも楽しいんですよ〜」とお伝えしたくって。

 写真はピエロを沢山描いた黄色の塩瀬です。ポップで楽しいでしょ!

昨日から突然涼しくなりました。きものの季節ですね。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年07月20日

新しい袴

20020721093651.jpg そろそろ新しい袴が欲しくなり、店内を物色しています。こんなときは便利ですねぇ(笑) あったあったありました。草木染の木綿生地です。苔色とでもいうのでしょうか、深みのあるいい色です。
 早速仕立に出そうと思います。が、自家用はどうしても後回しになるので、いつ仕上がってくるか見当もつきません。こんなときは不便ですねぇ(笑)



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月28日

竺仙からのもらいもの

20020628114311.jpg 竺仙(ちくせん)から小さい小さい幟旗をもらいました。
「こりゃいったいぜんたいなんに使うんじゃ?」と疑問に思いましたが、とりあえず店の中に立てておきます。
 竺仙の認知度は高く、若い方でも「あの〜竺仙のゆかたを見せてください」とお越しになります。本物指向が高まってるようでうれしいです。

 小物メーカーの話では「今年はGパンに合わせるような、足形のゲタがものすごい勢いで売れてる」そうです。
 あいにく当店にはそのような品はありませんが、来年再来年も履けるおくすい(美しい)ゲタは沢山揃っていますので、是非のぞきに来てください。



人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月27日

半衿あれこれ

20020627112944.jpg きょうは普段使いの半衿を紹介しちゃいます。
素材は綿か麻が主体です。絹のきものを着るときは正絹の半衿を掛けますが…。
 手前から、生成に格子の織り柄、黒の麻生地に絣のプリント、ウコン色の木綿、草色の木綿、桑染色の草木染木綿、深川鼠の 草木染木綿です。
 簡単に付け変えできるし、半衿をどれにするか考えるのは楽しいですよ。
 和の色名については当店の下記URLをご参照下さい
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/wairo.html

 今日も寒いので、生成地に絣の文人絣に袴姿です。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月20日

男のきもの-ブレイク間近??

20020620120017.jpg 「気温は高くならないでしょう」と予報で言ったので、久留米絣のゆかたを着ました。袴姿に、角帯は緑色の絽です。
一瞬雨が降り、とても涼しくなって気持ちのいい気候です。

 数えてみると、正月から1/4は きものを着ています。
最初は店内をウロウロするだけでしたが、度胸(?)がついたせいか堂々とまちなかを歩くようになりました。
 歩いていても「きょう何かあるんですか?」と訊ねる人も減り、「男の着物すがたもいいですね」とおっしゃっる方が増えてます。「しめしめ、男のきものブレイクか!」と内心ほくそえんでます。
 あとは仲間を増やすことです。まずは今年の麦屋まつりにひとつしかけたいです。

写真は「さぁ!やるゾ〜」って、腕まくりをして燃えている姿です(笑)



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月15日

梅雨入りときもの

20020615122258.jpg 6月11日に全国的に梅雨入りしました。
北陸地方はいつも梅雨入り宣言が遅く、全国的にポツンと取り残されていたのですが、今年は予報官が違うようです(笑)
 梅雨入り直後は湿度が高く、蒸し暑い日が続きました。が、今日は曇りですし、予想最高気温も24℃と涼しいです。そろそろきものを着たくなってきました。
 今日のきものはグレー地に細い白縞が入った小千谷縮のゆかたに、辛子色の羅の角帯、紬の風合いの木綿の袴です。
 麻生地はシャリっとしていて、身体との間に透き間ができて風が通ります。袴も、空間だらけなので、とても過ごしやすいです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月25日

新しいきもの

20020525142520.jpg 4月16日の日記に書いた「片貝木綿」の縞きものが仕立て上がりました。注;どうしても自分のものは後回しになります(^^;
 きものに合わせて半衿も新調してます。シャリっとした素材の黒地の木綿です。なんと絣柄です。この半衿は特殊な方法できものについています。今回さらに改良を加えました。もうちょっと洗練できたら、ご紹介できるかと思ってます。
 袴は昨日と同じ薄手の木綿袴、涼しくて快適です。
 角帯は黒地の裂織製。衿が黒なので合わせてみました。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月11日

ひとえと夏物の会

20020511132415.jpgきょうから、15日の曳山祭まで
「ひとえと夏物の会」を開催しています。
絽・羅・紗はもちろん、
麻・木綿・からむし・など変わった素材や
能登上布・夏塩沢・夏大島・黄八丈など非常に珍しいきものを揃えています。

また、プレタ(お仕立て上がり)きものに
久留米絣や撫松庵のきものもあります。

ちなみに今日のいでたちですが、寒いので袷の紬です。
山形の馬下助左ヱ門さんに織っていただきました。
アップ写真を載せました。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月10日

突然寒くなりましたが…

20020510105405.jpgもうすぐ城端曳山祭です。
各家では祭幕を準備するなどまちが動き始めました。
今年は重文に指定された最初の年ということもあり、気持ちが高まってます。祭幕や提灯、御簾をさげようという意識が高いです。

明日より、曳山祭まで「ひとえ◆夏物の会」を開催します。(5/11〜15)
撫松庵のプレタきものや、久留米絣のプレタきものもありますので、お祭りにも間に合いますので、どうぞ。


昨日、今日と気温が急激に下がり、薄手のものでは肌寒く感じま
す。今日は縞のウールに木綿袴姿です。2ヶ月前に逆戻りですね。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月04日

すでに単衣

20020504162158.jpg昨日とても暑かったので、きょうは薄手の袴に
な、なんと木綿の単衣を合わせました。
久留米の文人絣です。
きょうは朝から雨で湿気が多いのですが、
この衣装のお蔭ですごしやすいです。

突然ですが5月15日は城端曳山祭です。
今年、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
風雅なとてもきものの似合う祭で、
男達は紋付袴姿で庵屋台に入り、三味線をひき、端唄を唄います。
女の方も是非、きものを着用して欲しいなぁ…と呼びかけています。数年後には必ずや…!と野望を持って。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年05月03日

GW真っ最中です

20020503120350.jpgきょうから縄ヶ池の水芭蕉が公開されます。
GWに林道の雪がなくなるのは久しぶりです。
それだけ暖かいということなんでしょうか?

ということで薄手の木綿袴を着用しました。
前にも書きましたが、「袴腰」をつけてません。
それだけカジュアルな雰囲気になってると思います。
裸足だし、涼しくて快適ですよ。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月21日

袴も衣更え

残念ながら今日は雨です。しかしここ数日気温が高いので、ゴツめの袴ではちょっとやぼったく感じてました。
ということで薄手の木綿で作った、袴を着用しています。
後の袴腰の部分を作らずに、芯を入れて太巾で後紐を作りました。後ろ姿がスッキリ見えると思います。
足もとは素足に下駄です。湿度の高い時期に靴下を履かないのって気持ちいいですよ〜。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月18日

たすき掛け

20020418140726.jpg3月14日にアップした「一本たすき」の使用例です。
両袖の袂をクリップでくわえて、エイヤァっとタスキがけにします。微妙な調整は絹の紐をひくことで自由にできます。
斜めにかけずに、首から下げる方法もあります。

今日のきものは、縞のウールに、木綿袴。あ、いつものスタイルですね(笑)
でも半衿の掛け方が違うんです。以前考えた独創的(?)な半衿の欠点は、襟元が弛みやすいことでした。
現在改良をくわえています。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月16日

新しいきもの

20020416194018.jpg昨日今日と、富山はフェーン現象で暑い日が続きました。
こうなってくると気にかかるのが、6月に何を着ようか?です(笑)
薄手の木綿袴を昨年作ったので、
それに合わせて、新潟の片貝木綿で単衣きものを仕立てることにしました。グレー系の縞です。
値段は驚くなかれ、19,000円!
袷にするときは、色の金巾(かなきん)を総裏でつけます。それでも、スーツより安い!!
早速仕立屋さんにお願いしてきました。
木綿の肌触りが好きなので、着るのが楽しみです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月12日

ザ・コンボイ

20020412171223.jpg「男のきもの」が注目を浴びているようです。
今村ねずみさん率いる ザ・コンボイのメンバーがモデルになったポスターを入手しました。新聞を広げたくらいの大きな版です。
メチャメチャかっこいいです。こんな男たちが町中を闊歩する…と想像しただけでワクワクします。
是非ご覧になってください。
なお、画像をクリックすると、拡大します。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月06日

桜の柄のきもの展

20020413131100.jpg城端しだれ桜まつりの趣旨に賛同して、店内で桜の柄のきものや帯を飾っています。(4/14まで)
小紋・振袖・名古屋帯・一ツ身・四ツ身・襦袢・袋帯…。
帯締や帯揚げ、はたまた花緒や伊達締まであります。
日本人は桜が好きですね。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年04月01日

京都でパーティー

取引先の20周年記念パーティーに出席しました。小さな問屋さんなんですが、特徴のあるいい物を扱っておられます。
人間国宝の北村武資さんの講演会を聞いた後、京都ブライトンホテルでディナーパーティーです。品川恭子さんも来ておられて、華やかな会場でした。
衣装はこの時のために前送しておきました。
モカ茶の御召に、濃緑の御召羽織。袴は金茶系の横じまです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月20日

浪人むすび2

いい天気です。
山形の馬下助左ヱ門さんに織っていただいた、草木染のグレー紬に、手織りの角帯を締めました。足袋もグレーです。
角帯を浪人結びに締めてます。名前の由来はよく時代劇で傘はりしているお侍が、しているから…らしいです。
ラクです(笑) この角帯は弛みにくいので、この結び方ができます。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月14日

一本たすき

20020314100907.jpg暖かくなりました。予想最高気温が19℃だったので、上に何も羽織っていません。
今日のいでたちは茶系の大島に酒袋生地の袴です。
仕事をしやすいように、考案した「一本たすき」を使ってます。
これは古布絹の飾り紐の両端にクリップを取りつけたもので、袖端をくわえてタスキがけにします。長さの調整もすぐできる、すぐれものです。(写真を参照してください)
手帳や財布などは信玄袋に入れて、腰からぶら下げています。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年03月09日

浪人結び

今まで寒かったので、首になにか巻いていましたが、今日は天気もいいので襟元を見せています。
いつものウールの茶色縞の着物に、しぼのあるカラシ色の木綿の半衿。この半衿は袋状に縫ってあり、ワンタッチで交換できます。
角帯も黄色系で浪人結びにしています。時代劇で傘張りしている武士がよくしている結び方です。かっこよく締めるのは難しいのでちょっとてこずりました。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。