2003年04月13日

城端しだれ桜まつり最終日

20030413231511.jpg 終わりよければすべて良し。 快晴で朝から沢山の方々が城端を訪れています。 「赤御膳での昼食会」も大人気のうちに終了し、「川田社中による庵唄演奏」(写真をクリックすると拡大)にも沢山の方がお越しくださいました。 「郷倉千靭の襖絵鑑賞」は記録的な人数が拝観され、大谷婦人会にお世話いただいた「呈茶」も追加でお菓子を準備しました。 「俳句会」も参加多数で喜ばれ、「桜マーケット」(フリマ)も小学生たちの出店で盛り上がり、「折り紙教室」も予想以上の申し込みがありました。
 なにより嬉しかったのは、お越しになった方々が皆ニコニコしていたことです。 これぞ主催者冥利に尽きます。
 長い期間のしだれ桜まつりでしたが、成功裏に終了することができました。 お越しくださったお客様、事務全般のみならず全てに渡って支えてくれた商工会の職員の方々、今回のスタッフおよび関係者のみなさま、そして城端別院の方々…本当にありがとうございました。

 今日は暖かいので縞木綿の単衣です。 茶色の半衿に茶色の袴、茶色の足袋です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月12日

夜桜と雅楽

20030413225856.jpg 城端に雅城会という雅楽をなさってる方々の集まりがあります。 結成してもう50年になるという歴史ある会なのですが、素晴らしいことに、世代交代が順調に進んでいます。 僕と同世代もしくはさらに若い方がいらっしゃるんです。
 今回「しだれ桜の下で雅楽を聞いてみたい」という無理なお願いを快く引き受けてくださいました、感謝。
 夜には雨も小降りになり、なかなか咲かなかったしだれ桜も見事に咲き、本当に情緒のある演奏会になりました。 来られた方は皆さん満足されたようです。 
 
 朝から強い風が吹き、雨も降り続いています。 残念ですが、花祭白象行進は中止となりました。 濡れることを覚悟して、ウールの縞の下にスタンドカラーのシャツを着込んだ金田一スタイルです。 足袋も穿かずに素足です。

 今日が待ちに待ったじょうはな織館の完成です。 ちらりと覗いてきましたが、素晴らしい施設です。 すでに織体験をなさってる方も居られました。
 店内では「しだれ桜のタペストリー」教室を開催しました。 悪天候にも関わらずキャンセルはゼロ。 飛び入り参加もあり、準備した材料がすべて無くなりました。 喜んでいただけたので良かったぁ…。

#なお雅城会ではさらにメンバーを募集していらっしゃいます。 あのすばらしい音色を御自分で奏でてみませんか?(写真をクリックすると拡大)


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月10日

郷倉千靭襖絵

20030410153743.jpg しだれ桜まつりの期間のみ一般公開ですので、まだご覧になってない方のために秘蔵の写真を公開しましょう。(クリックすると拡大) 二種類ある襖絵の片面(10枚組)です。
 仏手柑(ぶっしゅかん)と黒い鳥=叭叭鳥(ハハチョウ)が見事に描かれてます。 寺院内を案内してくださるお坊さんが手にしているのが仏手柑です。 柑橘類で甘い香りがします。

 ネットで知りあった若葉さんがきもの姿で遊びに来てくださいました。 とても嬉しいです。 古い羽織をつぶして半衿と帯揚、さらにバッグの一部に使っておられました。 ほんとうにきれいな色で良かったですよ。
 僕はグレー系の織木綿の袷に茶色の染木綿の袴です。 半衿と足袋も茶系で合わせてみました。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月08日

城端を売り出そう

20030408193828.jpg 朝から突風が吹いていて、いろんなものが店前の国道を転がっていきます。 ビール缶やなぜか日記?まで(笑) いったいなんなんでしょうか?
 しだれ桜まつりも中盤にさしかかりました。 この風が開花の前で良かった…と実行委員長としてホッとしています。
 KNB相本商店エコーカーのインタビューを受けました。 城端しだれ桜まつりについてです。 レポーターの高橋紀代美さんのお姿をパチリ! 僕は木綿の袷に袴姿といういつものスタイルでしたが、好評で気を良くしています。
 
 資源(桜や襖絵)が豊富な城端町ですから、もっと上手に宣伝できるといいのですが…。 どうしたものか?とデリデリドットコムの方とあれこれお話しました。 今日もいろいろな出会いがあった一日です。
【デリデリドットコム】http://www.derideri.com/



人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月05日

レトロな紙芝居

20030405174058.jpg いよいよ今日からしだれ桜まつりです。 あいにくの雨で人出はいまいちか?と思いきや、朝刊に郷倉千靭父子の記事が載ったせいか朝から拝観者が訪れてます。
 午後の潅仏式(釈迦像に甘茶をかける式)のあと、山門下で昔懐かしい紙しばいをしました。 大きな自転車の荷台でかみしばいを読みあげます。 ただひとつ昔と違うところは、無料でアメが貰えるところ。 集まった子供たちは大喜びでした。
 きょうはレトロさを強調するために(?)下に久留米のシャツを着ました。 袴を穿いて裸足に下駄の、いわゆる金田一スタイルです。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月04日

白象を飾り付け

20030404195409.jpg 城端しだれ桜まつりのメインイベントに花祭の「白象行進」があります。 明日の潅仏式(かんぶつしき)から山門下で飾るのでお手伝いをしてきました。
 子どもの頃はとても大きく感じられた象ですが、大人になるとさほどでもないものですね。 でも子どもの目線で見ると巨象なんだろうなぁ。 他者の視点で物事を考えられるということが大事ですね。
 山門の南門に白象を安置しました。 普段開けることの無い門なので非日常の写真が撮れたと自負しています。
 花祭りは12日(土)午前に行われます。 白象を曳くお稚児さんを募集しています。 保育園児や小学校低学年のお子様の親御さんいかがでしょうか? 衣装代1700円を御負担いただくだけで、一生の思い出ができますよ。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月29日

合併の前にすべきこと

20030330100350.jpg 町境の南砺中央病院に統合されたので、町中にあった城端厚生病院の解体工事が始まりました。 解体だけで1億円かかるそうです。
 先日より不要な備品を外に出して一括廃棄しています。 なかには使えそうな棚など沢山あるのですが、すべてご破算です。 税金で揃えたものなのに、町民への案内は全く無し…。(役場内での回覧はあったそうですが…)
 この備品類を使いたい団体(ボランティア団体やサークル)も沢山あったであろうに…。 個人では無理でも、各種団体に案内の一つも出すべきです。
 備品を廃棄するにもお金がかかります。 税収が落ち込んでいるのなら、もっと頭を使いましょう>行政

 市町村合併で問題をを10年間先延ばしにするよりも、今の問題に知恵を絞るべきです。 自助努力してもお金が足りないのなら合併という選択肢もあり得ますが、なにもせずに…ではあまりにも無責任です。

 今日はちょっと寒いです。縞ウールにごつめの木綿袴。 首にはストールを巻いてます。



人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月27日

ついにタイヤ交換

20030327210505.jpg 午前中に慌ててタイヤを交換しました。 花粉症の人間にとってこの季節の外での作業はツライ。 クシャミが止まりません。 でもこれで明日から気持ち良く走れます。
 お巡りさんのレーダーに注意しないといけませんね(笑)

 午後からTMO連絡調整会議 僕が担当の「城端しだれ桜まつり」について報告し、もうすぐオープンする「じょうはな織館」についての説明を聞きます。
 予想以上にオープニング企画「川島織物コレクション」がよさそうです。 明治時代の綴織りなど貴重な品がたくさん見られて、しかも入場無料! カフェコーナーもあるようなので、楽しみです。

 写真は現在じゃんとこいで開催中の栗田果穂さんの作品展の様子(31日まで)
 4月1日からは「向野の桜写真展」です。 有名な名桜を何人ものカメラマンが様々な角度から撮りました。 これまた期待大でしょう。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月18日

虫籠桟を譲ってもらう

20030319200700.jpg 城端を縦貫する国道304号線の拡幅工事が進んでいます。 西上→西下→大工町とすすみ、現在は出丸が工事中です。 お世話になっているお宅が明後日ついに解体されると聞き、おそるおそる立派な虫籠桟(むすこざん)を譲ってくださいと願い出たら快く承諾してくださいました。
 頑丈な桟だったのですが、意外と簡単に外れてびっくり!車のルーフレールに縛りつけ運びます。 夜だったので怪しかっただろうなぁ…。
 何に使うかって?…後日のお楽しみということで。

 写真はじゃんとこいのミニウィンドウです。 梅の花をかたどったカップに、春らしいウサギの人形を添えました。

 きょうは木綿の袷に薄生地の袴です。 寒いといってももう羽織るものなしでも町を歩けますね。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫籠桟を譲ってもらう

20030319200700.jpg 城端を縦貫する国道304号線の拡幅工事が進んでいます。 西上→西下→大工町とすすみ、現在は出丸が工事中です。 お世話になっているお宅が明後日ついに解体されると聞き、おそるおそる立派な虫籠桟(むすこざん)を譲ってくださいと願い出たら快く承諾してくださいました。
 頑丈な桟だったのですが、意外と簡単に外れてびっくり!車のルーフレールに縛りつけ運びます。 夜だったので怪しかっただろうなぁ…。
 何に使うかって?…後日のお楽しみということで。

 写真はじゃんとこいのミニウィンドウです。 梅の花をかたどったカップに、春らしいウサギの人形を添えました。

 きょうは木綿の袷に薄生地の袴です。 寒いといってももう羽織るものなしでも町を歩けますね。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月11日

いのくち椿まつり

20030311165609-1.jpg 3月22(土)23(日)の二日間 隣の井口村で「いのくち椿まつり」が開催されます。 すべて椿にこだわった楽しいイベントです。 つばきには異種が多いので見ごたえがありますね。 ぜひごらんになってください。
 井口と城端の商工会女性部の交流で城端のまちなかに椿を飾っています。(写真をクリックすると拡大します)
 同じ日に当店でも「桜花展」を開催しています。 近くですので一緒にどうぞ。
 急に冷え込んで朝は雪が降ってました。 寒いので茶縞のウールに木綿の道服、袴姿です。 襟元のショールは離せません。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月08日

寒稽古最終日

20030309105852.jpg 2月24日から始まった庵唄の稽古も今日が最終日。 東京より芳村伊十一郎先生をお迎えして、ご指導を仰ぎます。
 各町内はそれまで上手な諸先輩に教えていただいてるのですが、さらにレベルアップを図るため邦楽のプロを年に数回お招きするのです。
 わずかな時間なのですが、目からウロコのアドバイスを戴きました。 すっごい! ここ数年伸び悩んでいた庵唄のさらなる目標が見えてきました。 もう稽古が楽しくてしかたありません。
 最後だというので先生がお持ちの三味線を一部見せていただきました。 左は大和楽用の大きめのもの。 低音でベースのような使い方をするそうです。 大和楽は昭和になって創設された流派で、邦楽の長所を併せ持ってできています。 先生の師匠である大和久満先生(芳村伊十七さん)が家元です。 右は長唄用でよく響くのだけどとても繊細な音でした。 どれも猫の皮を張ってます。 やはり犬皮だときれいに響きかないそうです。
【大和楽】http://www5e.biglobe.ne.jp/〜yamato-g/
 きょうは木綿の袷に袴姿です。 洋服だと寒いけど、きものは暖かいですね。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月02日

城端織館(じょうはなおり やかた)

20030302184410.jpg 城端織物会館の新しい名前が決まりました。 「じょうはな織館(じょうはなおりやかた)です。 4月12日のオープンに向けて着々と準備が進んでいます。 今日が最終日の「城端織物語」もこの城端織館開館のプレイベントとしての位置づけになります。
 写真は築百年の町屋 中谷邸に展示されていた見事な打掛です。 裾のほうに袱紗、かんざしなども見えます(クリックすると拡大)。 三割梶之葉(みつわりかじのは)というこの地方には珍しい家紋でした。

 丸一日店頭で石焼きイモ屋をやってました。 お蔭様で売れましたが、疲れたぁ〜。 五郎島の金時という高級なサツマイモを一本200円で売ってるんで儲からないのですが、普段と違うことをするって楽しいです。 いつかノウハウをアップしますね。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年03月01日

「交流から創造へ」

20030302175030.jpg 城端織物語のフォーラム「交流から創造へ」に参加しました。パネリストは3人 早大学教授;宮口とし廸さん 川島織物文化館長;森 克巳さん (社)富山県繊維協会常務理事;大谷勝一さん。 曳山会館2階の会場は町内外の観衆で溢れんばかりでした。
 僕はいつものようにウール縞に木綿道服、木綿袴姿で出かけましたが、他にもきもの姿がちらほらと見られ嬉しかったです。 最後に「城端ではコトある毎にきものを着ましょう」という提案をなさった方がおられて、参加者の拍手をうけてました。 呉服屋として言うのではないのですが、いいですねそんな地域があっても。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月28日

城端つごもり大市

20030302173553.jpg いよいよ「つごもり大市」当日です。 朝7時から露店商の場所どりについて打ち合わせし、商店会もテントを立てます。 前日の準備が予定通りに進んだので、ラクに本番を迎えました。
 この時節には珍しく降水確率0の快晴で、お客様の出もいいようです。 小学生たちが出店する頃には通りに溢れるほどの人がいました。
 お昼からも客足が途絶えず、終了まで賑わいました。 僕は会場内を飛び回っていましたが、本当に楽しかった。 来られたお客さんもニコニコしていて嬉しかったなぁ…。

 終了後の慰労会で様々な方々といろんな話をしました。 最後に西町メンバーで(つごもりだけではない)今後のあり方について議論できたことも大きな収穫だったと考えています。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月26日

足利からの来客

20030226182047.jpg 栃木県足利市は城端と同じく小京都で織物の町です。 近年中心市街地の活性化が叫ばれ、モデルケース(?)として高岡と城端を1泊2日で視察に来られました。
 「城端の小路」のサイトをご覧になって「話を聞かせて欲しい」といわれたんです。 僕のつたない説明でご理解いただけたか不安ですが、現況を情報交換できたので自分としては有意義な時間を過ごすことができました。
 半ば強制的に小路を歩いていただいて、約1時間ディープな城端を堪能(?)していただくことに…。 川島で機場の音がすることと、用水の流れる音がしたことに感激してらっしゃいました。
【城端の小路】http://www.craft-ran.com/shouji/
 きょうはヒゲの紬に木綿袴。 軽装ですが、暖かいです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月21日

室町時代の南砺と国人の動き

20030221171251.jpg ふるさと歴史講座に参加しました。 講師は元富山県史編纂室主任 久保尚文さんです。 現在は氷見市史の編集をしておられるかたです。
 鎌倉・南北朝・室町時代を一気に駆け抜けたのでかなり混乱しております。
 しかし得るものは大きかった…かな。 タイトル通り国人(中央政権から派遣されてきた勢力)と土豪、さらに時代が進んで関東人(武家)とが南砺(河上地区)で拮抗してたこと。 真言密教立川流が、なぜ西明に本拠があったか? 瑞泉寺と伏木勝興寺との差などさまざまなヒントをいただきました。
 なにより大きかったのは「文書に残ってないから…と説を出さないのは歴史学者の怠慢だ。妥当な推論を作り上げることが必要」とおっしゃってくださいました。 空白部分が多い城端の歴史を埋めるには大変心強いお言葉です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月18日

つごもり大市間近

20030219105135.jpg 28日のつごもり大市のチラシが出来てきました。 例年以上に力が入っています。 (クリックすると拡大)
●クアガーデンシェフによる氷の彫刻●ミニわらじづくり体験●提灯づくり実演●ネームプレートづくり体験
●つごもり大鍋●千円大市●城端特産品●アマチャヅル●無臭ニンニク●ヨッテカーレのおにぎり●ぜんざい
●保育所の絵●つごもりdeフリマ●江戸飴細工実演●水餃子●ポン菓子実演●もちつき
●城端小学生の店●城端わんぱくキッズじゃんとこい麦屋演舞など盛りだくさんです。
 2月28日(金) 午前10時〜午後5時 R304城端にしまち通りを通行止めにして開催します。

 きょうはヒゲの紬にごつい木綿袴と黒足袋にしました。 小学校へ行ったときに「撮影かと思った」と言われ、なるほど時代劇のようだ(笑)
 一本タスキもショールも無しにし、衿合わせを下げて着ると「るろうに剣心」もどきのでき上がりぃ。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月14日

宗林寺町の石畳舗装

20030214175455.jpg 城端のまちなかを国道304号線が通っています。 それなりに通行量が多いのですが、一筋入った宗林寺町はとても静かで、歩くのにちょうど良い幅です。 曳山会館を背にして真っ直ぐ東に進んだ地区です。
 長らく工事中だった石畳舗装が終わり、見違えるように楽しく明るくなりました。 右に見えるのは、城端醤油が使っていた「培菌室」です。レンガ造りで趣きがあります。
 左に見えるのは一彦美術店。 センスの良いものがありますよ。 その奥が宗林寺というお寺です。
すぐ近くの「城端織物会館」もリフォームして4月上旬にオープンします。
 (写真をクリックすると拡大します)
 城端にはさらに細い小路がある「歩いて楽しい町」です。
【城端の小路】http://www.craft-ran.com/shouji/




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月05日

城端は機の声の町なり

20030206121845.jpg 2月28(金)、3月1(土)、2(日)の3日間。
城端らしい民家を開放して「城端織物語」というイベントを開催します。
 民族学者の柳田国男は城端町に立ち寄った際に「城端は機の声の町なり」と記しています。
 かつて城端町一体に隆盛した絹織物によってもたらされた豊かな財力は曳山祭を生み、町の活性化に貢献しました。 いま再び「城端織物語」を共に語り、高度な技術の織物文化をごらんいただく企画です。
古いものと新しい作品の融合に今後の城端の進むべき道があるのかもしれません。
 写真は展示品のひとつ黒の打掛です。刺しゅうが見事。

夜に「城端織物語」の打ち合わせをしました。それに先立ち「城端織物会館」の新名称を公募作品の中から選定します。
 1800の候補から選ぶのはかなり難しかったのですが、5つに絞り込みました。 近日中に正式発表があります。

久しぶりに袴をはきました。 やはり着流しより、僕のスタイルにあってるようです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月30日

つごもり大市

20030131111816.jpg 毎年2月末日の28日に「つごもり大市」という催しがあります。 城端と五箇山交易の名残で、旧暦のこの日に判方(はんかた)の清算に来られた人を目当てにたった市が現在でも続いています。 ある意味貴重かも。
 ちなみに「つごもり」というのは「月ごもり」がつづまった言い方で、太陰暦では月末に月が見えなくなるので晦日のことをこう呼ぶんです。

 じゃんとこいで内容について会議をしました。 今年は商店会のみならず、他の方々が一緒にやろうと言ってくださっているのでとても嬉しいです。 きっと盛り上がることでしょう。 楽しみです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月27日

ori工房 花糸織

20030128124347.jpg 四月に開業する城端ori工房 花糸織(仮称)の準備室にお邪魔しました。 糸をかけた高機がズラーッと列んでいて、スタッフ五人が楽しそうに機織りをしています。 みなさん本当に生き生きしていて、和気あいあいといった感じをうけました。
 開業と同時に機織り教室も始まるので、この雰囲気のままだったら人気が出るだろうなぁ…。 手は休めることなく動いてるんですが、ちゃんと会話もできるので。
 写真はお手伝いいただいている蓑川さんです。 機もご自宅にあるのをお借りしています。 (クリックすると拡大)


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月17日

幸せの交流舞台

20030118125135.jpg 銀行の新年会にきもの姿で出席しました。 薄緑の紬きものに木賊色の無地のお召羽織。 半衿はごく薄い柳色。 全体的にグリーン系で統一して、新春らしさを出しました。
 袴をはかずに、角帯は唯一黄色系にして全体を締めます。 足もとは白足袋に写真の畳表の下駄です。 今日初めておろしました。

 出席者は残念なことに僕以外全員がスーツでした。
 城端は絹のまち、観光立町を目指すのなら、来街者に非日常体験をしてもらわねばなりません。 まちなかに数人でもきもの姿でウロウロしていたら、城端の印象が鮮明になることでしょう。
 もっと商店主や関係者にアピールするつもりです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月16日

これで街が動き出す!!

20030117100504.jpg 商工会の講習会で綱嶋信一さんという方にお会いしました。 氏は東京品川区の大崎を中心にさまざまなイベントを仕掛けている方です。
【綱嶋ワールド】http://www1.cts.ne.jp/〜tunasima/
 「組織ではなくて個人が動かないとなにも変わらない」というお話。 まさにその通りです。
 講演終了後、寿司恵で歓談。 新潟村上市の角長さんと懇意にしておられると聞いて、「世の中は繋がっている…」と実感しました。

 今日は木綿袷に、木綿袴。黒い角帯を浪人結びに締めました。 袴を低くはきたかったので…。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月27日

福引き会場準備

20021227132054.jpg 朝起きたら想像以上に雪が積もってました。 大慌てで除雪してます。 午前中に初売りの福引き会場設営に行かなければならないのですが、大遅刻してしまいました。
 例年別院の茶所が会場でしたが、まちなかに賑いを取り戻すために、市街地の「じゃんとこい」ですることになったんです。
 後に写ってる福袋は「商店賞」。参加店が奮発して商品を提供しています。 うちは…?お楽しみに!
 2日9時からの初売りは、ドーンという花火ともに始まります。たくさんのお客様がお越しになることを夢見て…。
 当店独自の「福袋」も用意しました(千円)。数量限定ですのでお早めに!



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月26日

町村合併を考える

20021226124632.jpg 昨夜から城端は雪模様です。 20cmくらい積もりました。きもの姿で雪かきをしています。
 写真は【西下の小路】の様子です。(クリックすると拡大)
http://www.craft-ran.com/shouji/hp/yamada.html
 お餅屋さんは正月準備で大忙し、湯気と雪の対比が美しかったので撮りました。

 城端と近隣8町村が合併して新しい市になりたいんだそうです。 クラスター方式といって中心をつくらずブドウの房のように分散型で行政機能をはたすんだとか…。 旧庁舎や施設はそのままで…。
 それだったら最初っから合併する必要がないのでは? お金欲しさの合併が見え見えで恥ずかしいです。
 2年ほど勉強して大きな自治体のデメリットを知ってるつもりなんで、こんなばかげた合併はすべきではないと考えています。
 公民教科書の間違いを逆手にとった「雪国はつらいよ条例」募集の中里村を見れば、小さな自治体の方が意思決定が早いし、フレキシブルだとわかりそうなものですが。
 今日は除雪用に道服をきています。 見た目が木綿に見えないらしく、好評です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月25日

名称募集「城端織物会館」

20021225105945.jpg 城端は絹織物の町です。 町の中心に「織物会館」があります。 外観は大正時代の面影をのこすモダンレトロ。 城端らしい建物のひとつです。
 現在、機織り体験&教室ができるように内装を全面改修しています。 来春オープンしますが、この名称を募集しています。 賞金も出ますので、素敵な名前を考えてくださいませんか?
【城端町観光協会】 http://www1.tst.ne.jp/johana-k/

今日は青縞のウールに草木染木綿の袴です。 この組み合わせも初めてかも…。 襦袢を着なかったら、寒い寒い…。
 あんまり寒いので、午後から袖なしの胴着(どうぎん)を羽織りました。 生地は正絹、中綿は木綿綿なので暖かいです。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月17日

城端織物語

20021218130603.jpg 夜、商工会で会議がありました。 大正時代の面影を残す織物会館を改修して来春開業する「ori工房 花糸織(はないおり)」(仮題)のプレオープンイベントの企画です。
 イベント名は「絹回廊」もしくは「城端織物語」
2003年2月28(金),3月1(土)2(日)の3日間 古い町屋を開放して、織り工房の作品や川島織物テキスタイルスクール卒業生による作品展、また城端に現存する貴重な能衣装などの公開etc.…めったに見ることのできないものをご覧になれます。(無料)
 (写真はクリックすると拡大します)


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月11日

地域の先生

20021211163126.jpg 小学校で「先生」をしてきました。 というのは小学生が「坂の町城端」を調べていて、たまたま「城端の小路」というサイトを作っていた僕の方に『坂のことを教えてください』と要望がきたんです。
 ほんの小一時間でしたが、真剣な小学生の眼差しをうけながら質問に答えました。 どれだけ伝わったかどうか疑問ですが…。
【城端の小路】http://www.craft-ran.com/shouji/index.html

 写真は夏に行われた「14歳の挑戦」の報告書です。 とても立派なので驚きました。
 学校が地域社会に出て、地域住民が学校に参加する形は、望ましい開かれた教育だと思います。
(14歳の挑戦については7/9の日記参照してください)


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月26日

まちなか俳句展

20021201161251.jpg 城端俳句会の方々の作品がまちなかに飾られています。 お題は「鍋」。
 城端市街地賑い委員会の発案で、今年初めて実施されました。 この委員会は「月いちイベント」と称して、毎月さまざまな催しを計画し、実行しています。 少額の予算で、智恵と汗と外部の方の力とで、まちなかに人が集まる仕掛け作りをします。 僕もメンバーです。

店の前には2つの句が掲示されています。

 孫達の 顔の揃ひて 鍋焼きに

 木の椀も 杓子も古りし 根深汁

「俳句会に入らないか?」との勿体ないお誘いをいただいているのですが、今のところ丁重にお断りしております。 俳句は難しそうなので…。
 怪しい川柳ならここ↓でやってます(笑)
【しりとり川柳】
http://www.craft-ran.com/cgi-bin/575/monkey.cgi?
 興味のある方は投句していってください。


人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月23日

カニバル

20021201160302.jpg 城端フラワーカード会のイベントがありました。 その名も「カニバル」。 毛ガニがメインの交換会なんです。
 1000ポイント(千円分)で毛ガニが1パイもらえるとあって、毎年大好評。 毛ガニ以外ではリンゴやミカン一箱。駅弁・大学ポテトなど美味しそうなものばかり並んでいて目移りします。
 以前城端ではモウモウCOWニバルというイベントがあったんですが、それをパクッて始まりました。
 本家は終了しちゃいましたが、分家はまだまだ元気です。

 写真はズワイガニ。 浜値で20,000円のものを7,000ポイントからの入札です。 すっごいお得でしょ?



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月14日

曳山御神体のスタンプ

20021114123928.jpg 城端の曳山には6体の御神像があり、5月14日つまり宵祭に山宿(やまやど)で一晩お泊まりになります。 事前に入魂式があり、神様が宿っていると考えられているのです。
 一生に一度の山番(やまばん)をするために座敷をきれいにして飾りつけます。 町民は御神体とともに山宿を見て回ります。
 今年初めて「山宿スタンプラリー」を開催しました。 とても好評だったので、スタンプを曳山会館に常備しています。 城端へ来られた記念に是非どうぞ。

 今日は寒いので、厚手木綿の道服をはおりました。 下は縞のウールに木綿袴です。
 現在開催している「着樂展」では男物の縞ウールも沢山揃えています。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年11月10日

城端別院報恩講

20021112092707.jpg 11月28日は開祖親鸞上人の命日です。 この時期に毎年善徳寺の大事な行事「報恩講」が開催されます。
 10日が初日で大谷婦人会主催のお茶会があります。町内外から茶人が集まる人気の茶会です。
 また今年初めての試みとして高岡龍谷高校演劇部による仏教劇「赤尾の道宗物語」が上演されました。 上平村赤尾の猟師弥七(=道宗)が蓮如さんと出会い阿弥陀さんを信心するまでと、いつも南無阿弥陀仏を絶やさなかったエピソードを紹介しています。
 龍谷高校は西本願寺派なのにお東の善徳寺で演じてくれるなんて素晴らしいことです。 西も東も元々は無かったんですから…。

 写真は夕食にいただいたごちそうです。 蓮如さんの好物「いとこ煮」と煮物。 おいしくっておかわりしました。
 あ、今日のいでたちは下にスタンドカラーシャツを着込んだ書生風です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月20日

「じゃんとこい」オープン

20021020142547.jpg 城端にぎわい館「じゃんとこい」がオープンしました。
朝から準備にてんてこまいです。 あいにくの小雨でお客様の入りが心配されたのですが、たくさんの方がお越しになりホッとしました。 あとはどう活用するかです。

 情報は"正確さ"だけでなく"鮮度"も大切なので、ミニウィンドウはまめに更新していく予定です。 次週に飾るものも決まりました。

 「山下 清」彫刻展は27日まで開催しています。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月16日

城端にぎわい館「じゃんとこい」

20021016175002.jpg 20日にオープンする城端にぎわい館「じゃんとこい」の飾りつけをしました。 目玉となるのは情報発信コーナー「ミニウィンドウ」です。 各店が工夫を凝らして小さなボックスを飾りつけました。
 うちはHAND-MADE CLUBの作品を展示しました。 23日〜27日まで「小さな粘土展」をするので、その予告です。

 「じゃんとこい」では、20日〜27日までは開館記念として、城端出身の日展作家 山下 清さんの彫刻と絵画展を開催します。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月13日

城端彩菜まつり2日目

20021014122250.jpg 3日連続の好天で、まちなかには朝から人が集まっています。人出が多いと「あぁ〜祭やなぁ…」とウキウキしてきます。
 今日も桜ヶ池と別院会場を中心に様々な体験をしていただきました。 かけもちで回られる方も多いようです。 安居菓子舗さんの「洋菓子作って食べ放題教室」も大好評だと聞きました。「じゅずづくり体験」も文字どおり数珠つなぎの人気だったようです。  写真は別院のわらじ実演です。

 今日は祖父の大島に茶無地の袴を合わせました。 昔のものなのですべて短いのですが、裄は9/21にご紹介した一本たすきであげているし、丈は袴をはいているので気になりません。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月12日

城端彩菜まつり

20021012195853.jpg 12.13日と市街地と桜ヶ池で「彩菜まつり」が開催されてます。 様々な体験メニューを準備して、来られた方に楽しんでいただこうという祭です。 準備期間が短かったにも関わらず、たくさんの魅力的なメニューがそろいました。 「そば打ち体験」「絵手紙教室」「洋菓子教室」「ささら作り体験」「じゅず作り体験」「機織り体験」「リース教室」などなど…。
 うちは「古木綿で作る手作り子ねこ教室」を主催しました。(写真参照) 講習料、材料費込みで500円。 30分から1時間で、初めての方でも可愛い猫が完成します。 想像以上に人気があり順番待ちになってしまいました。

 今日も好天で暑いので木綿袴の上下です。しかも素足…。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月08日

城端にぎわい館『じゃんとこい』

20021008165304.jpg 9/17の日記で店名未定としていた空き店舗の正式名が決定しました。
 城端にぎわい館『じゃんとこい』です。 こちらの思いをそのままストレートに店名にしました(^^;

 10月20日のオープンに向けて準備を進めています。各店のミニショーウィンドウーとなるミニウィンドウやギャラリースペース、情報発信・受信コーナー、休憩スペースなど商店街に必要とされる機能をもたせてあります。
 20日正午のオープンに是非お越しください。もちまきもあります。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月24日

第二回じょうはな彩菜まつり

20020927171517.jpg 商工会青年部の役員会があり、今年の彩菜まつりへの協力方法を討議しました。
 彩菜まつりとは、食と健康をテーマに城端市街地でさまざまな体験メニューを提案し、来街者に楽しんでもらう新しいタイプの祭です。今年の開催日は10月の12.13の週末です。
 青年部では「さいさい鍋」と「むぎや踊り講習会」をすることになりました。
 ちなみに当店では「古木綿で作るてづくり教室〜手のひらに乗る子ねこ〜」を講習料・材料費込みで500円で開催します。 写真のかわいい猫を作ってみませんか? 約30分程度で1体できあがります。 (クリックすると拡大します)



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月23日

むぎや祭の慰労会(その1)

20020927160522.jpg 今年のむぎやは3日間ありました。 「さぞかしお疲れも出ましたでしょう(笑)」ということで、町内若連中で鮎を食べに行きました。庄川河畔の「川金」です。
 我が家には釣ってくる人が誰もいないので、久しぶりにアユを食べましたが、やはり塩焼はおいしいですね。
 ところが何尾か食べてるうちにお腹が痛くなってリタイヤ…。やはり干イワシが性に合ってるようで…。

 写真はじゃんとこいむぎやでもらった個人賞品の数珠です。
「じゃんとこい むぎやおどりで 数珠つなぎ」と書いてありました。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックしてください
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。