2008年11月21日

ハッピーアドバイス

1961_1.jpg 今日は午後から城端小学校学習参観日。 6限目にPTA主催の教育講演会があり夫婦ででかけました。
 講師は明橋大二先生、そう「子育てハッピーアドバイス」の著作で全国的に有名な心療内科のお医者さんです。

 演題「子育てハッピーアドバイス」〜自己肯定感を育む子育てを考える〜
 今の子どもをめぐる問題の根っこは「自己評価の極端な低さ」にあります。(自己評価=自己肯定感、自尊感情)
 教育改革で「学力低下」「しつけ・生活習慣の乱れ」が叫ばれますが、土台となる「自己肯定感」なしに何をやってもうまくいくはずが無いということです。 僕も同感です。
 『ありがとう。』は「相手の存在価値を高める言葉」と教えていただきました。 あぁ気づいてなかった、その通りですよね。

 会場の多目的ホールは満席となりました、ほとんどがお母さんです。 時には笑い、時には涙を流しながらも、真剣に聴き入っておられます。
 温かい気に包まれた、いい講演会でした。

 先生の著書は「ふれあい文庫」にもあります。 ぜひご一読ください。
 きょうは縞の伊勢木綿に黒タートルネック、黒の角帯に灰黒の袴、黒繻子の足袋です。
 昨日の日本PTA創立60周年記念式典で、城小PTAが表彰を受けました。 ありがとうございます。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

災害時中学生ボランティア

1846_1.jpg 28日の水害の被害は甚大で、床上床下浸水した手つかずの家屋がまだあります。
 市職員のみなさんだけでなく、大人のボランティアを募っての活動が本格的に始まっています。
 城端中学校生徒もボランティアに出ることになり、PTAも同行することになりました。


 朝8時15分にじょうはな座前に集合し、南砺市ボランティアセンター現地対策室の指示を仰ぎます。
 行政センターロビーは多くの人が行き交い、被災者の力になりたいというエネルギーが溢れています。
 中学校の部活毎に班編成をして、歩いて現場へと向かいました。

1846_2.jpg
 写真は外に漂着したゴミを捨ててる生徒達です。
 なんでこんなものまで!という物体までが流れついてます。
 しかも水を含んでいて重いんです。

 濁流にのまれた被災地はヘドロのような泥が床下に入り込み、どこから手をつけていいか判らない状態です。
 あまりの惨状に写真撮影を遠慮しました。 また写真やビデオでは被災地の真の状況は絶対伝わらないとも感じました。



 一軒で作業を終えた後、別の家を手伝います。
 床板を剥がしてスコップで重い泥をすくい、バケツリレーで排出します。
 運動部男子でも体力的にきつい作業です。
 最初は指示待ちで遠巻きに見ていた子どもたちも、数人が本気で作業を始めたらドロドロになるのを厭わず手伝ってくれました。

 子どもたちは予定時間を延長して頑張ったのですが、本格復興までまだまだかかりそうです。


 わずか2時間弱の作業でしたが、息は上がり、腰は痛く、むろん汗だくです。
 これほどの重作業を連日なさってる方々に敬意を表します。
 また被災された方も感謝の言葉だけじゃなく中学生を気づかって冷たいジュースを準備してくれたりして、心より頭の下がる思いです。

 帰って小千谷に福光麻の半衿、黒の角帯に綿袴に着替えました。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

いじめ 大人にできること

1790_1.jpg
 県Pの総会に先立って親子安全会の講演会がありました。
 講師は東京都児童相談センター 心理司の山脇由貴子さん。 「教室の悪魔」の著者です。
 タイトルは「現代のいじめ 〜今、大人に出来ること〜」

 中身が濃いのでウワズミだけ書き出します。
ーーーーーーーーーーーーーー
・いじめに関する本を書くきっかけは、報道が間違っているし、先生も事実を知らなかったから。
・本を読んであまりの凄惨さに40代以上の人は驚いたが、30代はさほどでもなく、20代に至っては「なんでこんなことで本になるの?」…と。 陰湿なイジメを当たり前のように思っている。
・それは多分、ケータイとインターネットで匿名性を手に入れた世代だから。

・「いじめとは集団ヒステリー」であり、ウィルスのように感染する。
・何も無い子が突如イジメられるのは、集団が均質化し、無個性化してるため。
ーーーーーーーーーーーーーー
 山脇さんは頭の回転の早い方で90分間弾丸のような早口で話しまくりました。
 内容については「教室の悪魔」を読んでいただいた方が伝わると思います。 ぜひご一読ください。

 大人になりたくない子どもが増えています。 自らの命を絶つ子どもさえも…。
 「大人が未来を悲観していると、子どもが未来を楽観できない」とは至言です。
 …となれば、我々大人にできることはたくさんあるハズです。
 相談に訪れる子どもが「山脇さんのような仕事がしたい」と憧れるのもうなずける、元気でカッコいい女性でした。

 余談ですが、山脇さんは一日一食野菜中心の食事なんだそうです。 それは仕事柄「ボーッとしちゃいけない」からだとか。 …いやホントにカッコイイ。

 サンシップのホールはほぼ満席、例年より女性が目立ちました。 また真剣にメモを取る人も多かったようです。 有意義な講演会となりました。

 きょうは黄色のコサシルクに生成りの半衿、辛子の夏角帯に薄緑の袴、白茶の足袋です。

最後に「我が子がイジメられているとき、これだけは知っておいてほしいこと」を列記しておきます。
=いじめ被害者の保護が最優先である=
・学校を休ませる(解決するまで)
・楽しいことをさせる(心に傷を負った子の治療環境づくり)
・親は子どもの許可無く学校に行かない(子どもとの信頼関係を壊さない)
・責任追及は後にして、まず解決を先に
・クラスだけじゃなく学校全体で取り組む(担任だけじゃなく、校長等も同席してもらう)
・事実を調査しない(どのみち真相はわからない)
・犯人探しをしない


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

人文字のピースになる

261_1.jpg 夏に解体が始まる城端小学校、最後の記念にと校庭で人文字を作ることになりました。
 残す文字は「城小2004」
 児童数が少ないので、数字の部分は保護者と地域の大人の分担です。
 300人程を予定していたのですが、GW中とはいえ平日なので集まったのは半分くらいでした。
 でも地域の人々が来てくださったことは嬉しいし、小学校が合併後のコミュニティの核になりえるとの確信を持ちました。

 県の防災ヘリを待つこと30分、ようやく撮影…といってもストロボが光るわけでもなく、いつの間にか終了してたようです。 しまったぁ、目をつむったかも(笑)

 今日は初めて下ろした縞の伊勢木綿の単衣に、薄い黄土色の地紋入りの半衿、黒の角帯にグレーの袴、黒っぽい模様の入ったタビに右近下駄です(4/17の日記参照)。
 妻はグレー地のホタル絞りの紬に黒地のハートの帯、いつもの縞の割烹着をやめてタスキがけでお仕事モード。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

きもので学習参観

249_1.jpg 今日は城端小学校の学習参観日&PTA総会です。
 議長を務めることになったので、それなりのきもので出かけました。
 昨年はどしゃ降りで、泣く泣くカジュアルきもので出席したのでリターンマッチです(2003年4/20参照)。

 紋の入ったくすんだ緑色の紬の袷に、それより少し濃い目のお召羽織は無紋です。 羽織紐は辛子と茶のぼかし組、角帯はゴザ目のような地紋の黄土色、袴は遠目に無地の横段のもの。 節糸の入ったタビは香色で、畳表の草履の鼻緒は旦那茶&グレーです。
 要するに4/6の入学式の装いと同じです。 白足袋を…と思ったのですが、浮いてしまって…。

 昨年と打って変わって良い天気…というより暑い! 予想最高気温が26℃!戸外は夏のようです。 単衣にすれば良かった…と思ったけど後の祭り。 でも日陰や校舎は涼しかったですけどね。

 妻もきもの姿だったので夫婦で通学路を歩きました。 ま、こんなんもいいでしょ(^^; 
【2003年4月の日記】http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200304.html


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



タグ:学習参観
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

ギフチョウの里

245_1.jpg
 城端では桜ヶ池周辺でギフチョウの里づくりをすすめています。
 以前は沢山いたのですが、環境の変化に弱く、国が絶滅危惧種に指定するほど数が減ってしまった蝶です。

 黄色と赤の紋が特徴で、その可憐な姿からついた別名が「早春の舞姫」 成虫は4月に羽化し、2週間程度のうちに卵をカンアオイの葉に生みつけます。
 孵化した幼虫は、この葉しか食べないので、まずヒメカンアオイの植え付けからスタートしました。
 城端のナチュラリストの方々にお世話いただいて、小学校3年生がギフチョウを桜ヶ池湖畔に放つ活動をしています。

 ナチュラリストの小原さんがチョウを見せに来てくださいました。 ギフチョウが群舞する姿って美しいでしょうね。

 今日は大島の下にスタンドカラーシャツ、茶色帆布の袴に右近下駄。 いわゆる金田一ルックです。 三四郎と誰も言わないのはモデルがヒョロヒョロだから?
 妻はグレーホタル絞りの紬に黒地の帯でした。

【ギフチョウ】http://www.iip.co.jp/zukan/mushi/19.html
【カンアオイ】http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kan-aoi.html

人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月06日

きもの姿で入学式

236_1.jpg 絶好の天候に恵まれて城端小学校の入学式がありました。
 神明通りの桜のトンネルをくぐり、新一年生は足どり軽く学校へ向かいます。

 嬉しいことにお母さんの着物比率がとっても高く、半数以上の方がご着用でした。 例年にないことです。 訪問着が多かったのですが、色無地や付下の方も…。
 子どもが主役…ということを考えると無地が正解なのですが、準礼装を着る機会が少ないことを考えるとしかたないのかな…とも思います。 多くの父親もスーツ姿で出席していました。 僕はカメラマンとして校門まででしたが…。

 今日はさすがに普段着でなく、場にふさわしい(?)装いです。 くすんだ緑色の紬の着物に木賊色のお召羽織、羽織紐は辛子と茶のぼかし、角帯は地紋のある薄めの黄土色、袴は苔色系統の横段のもの、足袋は香色、畳表の草履の鼻緒は旦那茶。

 妻は白地の京友禅で箔使いで色を抑えた訪問着、十年ぶりに袖を通しました。 銀台梨地の綴れ袋帯は牡丹や梅などの柄を織り出したものです。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月21日

城端町立城端小学校ー最後の春

189_1.jpg

 今日も良く晴れました。 家々の屋根や店の中庭(パティオ)の残雪もすっかり融けてしまいました。
 予想最高気温が19℃だったので厚手木綿の単衣を着ていますが、全く寒さを感じません。
 春の陽気なので半衿も明るめに、角帯は辛子色、袴は薄茶の腰板なしの軽快な物にしました。
 それでも残ってるところには大量に雪があります。

 写真は城端小学校の校庭(クリックすると拡大)、雪がうずたかく積まれています。
 僕の出身校なのですが、今夏解体して新築することが決まっています。
 思い出がいっぱい詰まってるので残念です。
 完成する数年後には南砺市立城端小学校…になってることでしょう。

 小学校改築のワークショップなどにも参加しましたが、設計がほとんどできていて変更の余地がない状態でした。
 単にアリバイ作りの為に呼ばれたんだと思うと情けなくなります。
 子ども達が学校で大便ができるように…と、トイレのありかたについて熱心に討議し、それなりのものを提出した気でいましたが、黙殺されるようです。
 昨年2/22と8/2の日記に関連したことを書いています。
【店長のきもの日記 2003年2月】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200302.html
【店長のきもの日記 2003年8月】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200308.html


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月20日

地域社会で子どもを育てたい

188_1.jpg 小学校で防犯訓練がありました。
 最近全国で頻発している事件から子どもを守ろうという趣旨です。
 城小PTAでは全児童にホイッスルを配布済みですが、いざ使うときに躊躇していては効果がないので、福光署警官に犯人に扮していただき、実際に子ども達に体験させました。
 さらに校内に不審人物が侵入したときに、刺股(さすまた)や盾を使って取り押さえる実技までやるなど本格的です。
 定期的に開催し、万一の時に子ども達がすくまないようになれば…と思います。
「大人を信じちゃいけない」ということを伝えるのは悲しいのですが、仕方ありません。
 保護者にも同席していただいたので夕食時にでも家族で話し合ってもらえたらと考えています。
 また学校やPTAだけじゃなく「地域社会で子ども達を見守る」仕掛け作りができないものかと模索しています。
【関連 2003年6/17・6/20・6/29の日記参照】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200306.html
 子ども達は元気にかつ素直に話を聞いていたのですが、残念な事に一部の保護者の私語が絶えません。
 校長が「校内放送を静かに聞かないとちゃんと行動出来ませんよ」と言ってるにもかかわらず、ペチャクチャと。
 子ども達は整然としているのに…。 恥ずかしくないのかなぁ。

 今日は青地に細い白と黒縞のウールに兵児帯、木綿袴で。 低学年の子達に「剣道の人」ともてはやされ(?) ました。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月31日

小学生雪合戦全国大会in城端

165_1.jpg 今日と明日は城端は雪合戦一色に染まります。

 雪合戦と言ってもシェルターを設置した2つの陣営にわかれ、旗を取りにいく、という作戦が必要なスポーツです。
 北海道の壮瞥町で全国大会が行われ、北陸地区予選を兼ねた城端大会は11回目の開催となります。

 3年前から小学生の全国大会が持ち回りで始まり、今年は城端が会場になりました。
 今年のエントリーは県内外から集まった33チーム。


 子どもが出場するので小学5年の雪合戦チーム「ホワイトスノーズ」の監督を引き受けました。
 ただの一度も練習してなかったので全く期待していなかったのですが、予想に反して予選リーグを1位で通過してしまいました。
 たいした作戦もなかったのですが、個々人のキャラが偶然にも戦術を生んだようです。

 明日の決勝トーナメントも無欲でがんばります。

【ザ★雪合戦inじょうはな】
http://www.town.johana.toyama.jp/home/festival/event/snow.htm
【昭和新山国際雪合戦】
http://www.town.sobetsu.hokkaido.jp/yuki/yukigassen.html


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月08日

夢に勇気を

73_1.jpg いよいよ冒険家 三浦雄一郎さんの講演会です。 朝から準備に追われます。 まちなかで他のイベントが重なったため人出が心配だったのですが、午後1時30分の開場前から三々五々人が集まり始め、2時には体育館に敷き詰めたゴザが足りないのではないかと心配するほどになりました。
 講演もわかりやすく手短にまとめていただき、質疑応答の時間をたっぷりとったので、何十人もの子どもたちが元気よく質問することができ、真剣な彼らの姿がとても好ましく感じられました。
 終了後は「かず良」で三浦さんを囲んでの懇親会。 さらに具体的なエベレスト登頂のお話を聞かせていただき、あまりにも過酷な自然条件に「人間が足を踏み入れる場所ではないのではないか?」とまで思ったほどです。

 きょうは青縞のウールに水色系の半衿。 腰板無しの袴に、グレー系の角帯をへたれ結びにして。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月29日

田んぼの学校 その6 脱穀ともみすり

63_1.jpg 子どもたちが収穫した稲が干せました。 朝から学年総出で脱穀とモミすりをします。
 本でしか見たことが無い千歯扱(せんばこき)や足踏み式脱穀機。 さらに見たことも聞いたこともないゴミを飛ばす唐箕(とうみ)。 みなさん納屋に保管してるんですねぇ…ビックリ。 そして、もみすり用のすり鉢…と沢山の機材(?)が学校に集まりました。
 子どもたちは大喜びです。 それもこれも今回お世話いただいた6人の地域の先生方(おじいちゃん・おばあちゃん)のおかげです。 「生きる力」を学べる学校だと思います。
 写真は足踏み式脱穀機を使っている様子です。
【唐箕】http://www.jakodaira.com/Korenarni/002/newpage3.htm
 今日は大島の袷に黒に近い茶の半衿。 辛子の角帯に帆布の袴。 寒いので茶色の足袋を履きました。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月28日

三浦雄一郎講演会

62_1.jpg 11月8日(土)午後2時から城端中学校にて、あの三浦雄一郎さんの講演会を開催します。 タイトルは『少年よ大志を抱け!〜夢に勇気を〜』 教育委員会とPTA合同開催ということでお手伝いをしております。 夜に最終の打ち合わせがありました。
 ご存知のように三浦さんといえば、エベレスト登頂の最高年齢記録を打ち立てた方で、いまマスコミ等で連日報道されています。 どなたでも無料でご聴講いただけますので是非聞きにいらしてください。
 写真は小・中学生向けに作ったパンフレット(クリックで拡大)です。
詳しくは http://www.craft-ran.com/pdf/miura.pdf
      記
 11月8日(土) 午後2時より(開場1時30分)
 会場 城端中学校体育館 国道304号線交差点を西に200mです。
【城端中学校】http://www.tym.schoolnet.gr.jp/~johana-j/frame.html

 きょうは厚手木綿にレンガ色の半衿、薄茶の袴腰なしの袴に兵児帯で気楽に…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月19日

最後のPTAバザー?

53_1.jpg 城端小学校学習発表会です。 午前中に子どもたちのステージ発表を見て、PTAバザーのお手伝いをします。 今年はうどん係でした。
 O-157問題でバザーが縮小傾向にある中、城端では子どもたちを楽しませよう&自分たちも楽しもうということで、徹底的な衛生管理の元でバザーを続けています。 今年も大好評で、正午前にはうどんの食券が完売してしまい、急きょ追加発行したくらいです。 写真は喫茶コーナー、賑わっているでしょう。
 でも、次年度より学校の建て直し工事が始まるので、バザーの運営は難しいかもしれません。 ちょっと寂しいですね。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月12日

PTA大掃除

46_1.jpg 19日は小学校の学習発表会です。 築三十数年になる学校をすこしでもきれいにしようと毎年この時期にPTAで大掃除をします。 もとろん毎日子どもたちが掃除してるのですが、高いところや窓はなかなかできませんから…。
 例年保護者と先生だけなのですが、今年は高学年児童も仲間入りしました。 子どもと一緒だと普段窓なんか拭いたことの無いお父さん達も張りきるようです。 効果てきめんでした。 日曜の朝8時という時間にもかかわらず、沢山の参加でした(例年は朝7時)
 担当の委員長が女性でこまやかな気配りをみせ、ガラスクリーナー無しでの水ぶき&カラ拭き仕上を推奨していただきました。 子どもの肺には界面活性剤のあの霧は入れたくありません。 そうはいってもいつもの習慣で使ってしまう親御さんが多かったんですけど。
 きょうは古い大島に薄黄のざっくりした木綿半衿。 黒の角帯に素足。 茶色の木綿袴をバッテン結びにして。
【ちゃめっけたっぷり「×結び」】http://www.craft-ran.com/wa/x-musubi.html
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月05日

最後の運動会

39_1.jpg 城端保育所の最後の運動会に行きました。 来春町内の6つの保育所を統合して城端さくら保育園になるからです(7/15と8/16の日記参照)。
 保育所の先生が「これだけ近くで子どもたちの顔を見て応援できる運動会も最後です」と挨拶され、夫婦して目が潤んでしまいました。 最後に園児と観覧者で手をつないで踊ったんですが、例年に無い大きな輪ができました。 他の保護者の方も思いは同じだったのでしょう。 みんな最後に園庭で記念撮影していました。 天候にも恵まれ小さいけれど本当に楽しい運動会でした。
 小さな小さなコミュニティの輪がまたひとつ無くなっていくのが寂しいです。 我々は捨ててはいけないものを捨てているのではないかと強く思います。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月03日

小学生からの手紙

37_1.jpg 城端小学校三年生のみんなから写真と手紙が届きました。 いろいろな字体で「お店のことがよくわかった」とか「また行ってみたくなった」と書いてます。 みんな一所懸命に聞いていてくれたんですね、とても嬉しくなりました。 9/24の日記に、子どもたちに理解してもらえたか心配と書きましたが杞憂だったようです。
 この子らは親の世代も含めて「城端町」に生まれ育ちました。 彼らが大好きだという「城端」の名をなんとか残したいものです。
 寒いのでとうとうウールを引っ張り出してきました。 青縞のウールに黒の角帯。 薄黄の紬風木綿の半衿にこげ茶の帆布袴です。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月30日

14歳の挑戦報告会

34_1.jpg 7月に中学生二人を預かった「14歳の挑戦」の報告会に顔を出してきました(7/8の日記参照)。 生徒達が体験してきたことをまとめ、発表し、講評するというのです。 学生のみならず、保護者や受け入れ先の事業所にも開催の案内を戴きました。
 個別の報告には間に合わなかったのですが、全体発表会やアンケートの集計結果は見ることができました。 それによると80%超の家庭で就業体験が話題に上り、55%の親が「体験中の子どもに変化がみられた」と答えています。 「ありがとうという言葉がでるようになった」というのが印象的でした。
 終業後も36%の生徒に変化が見られ「自分であれこれ考えて行動するようになった」そうです。
 来年も子どもたちを預かって、商売の楽しさや、人と人とのつながりの大事さを伝えていければ…と思っています。
【14歳の挑戦】http://www.craft-ran.com/14/
 今日は深緑のコサシルクに薄緑の木綿袴です。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月25日

田んぼの学校 その5 実りました

29_1.jpg 店の横の空き地で育てているバケツ稲が(一応)実りました。(8/29の日記参照)
 どうです?粒は少ないけど一応お米の形をしているでしょ? でも他のはダメで黒くなってしまってます(イモチ病?)

 明日からいよいよ「秋麗展」です。 今朝新聞に折り込みチラシを入れましたが、切り絵(もどき)が好評でひとり気を良くしています。
 今回「男のきもの展」に力を入れています。 紬にお召、木綿にウールetc…いろいろ揃っています。 同志が増えないか…と期待しているんです。
【男のきもの大全】http://www.kimono-taizen.com/
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月24日

小さな町

28_1.jpg 城端小学校3年生が商店街のことを勉強したいということで、67名を前に「城端にぎわい館じゃんとこい」で説明をしました。 「商店街は専門店の集まりで、大型店とはフットワークが違う」とか、「共同で売り出しや駐車場などを管理している」という話をしました。 また「様々な祭やイベントは商店の参加がないとできない」ということも伝えましたが、はたして理解してもらえたかちょっと疑問です。
 この世代の父兄のほとんどは、週末になると近郊の大型店へ家族揃って出ていってしまうので、商店街のことをあまりにも知らないのではないかと危惧します。
 顔見知りの人と挨拶して暮らせる町がどんなにすばらしいか気づいてもらえたらいいのですが…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月29日

田んぼの学校 その4 実がつきました

20030830132007.jpg 今年は冷夏で富山の作柄予想も「やや不良」ということです。 東北や北海道は記録的な不作だそうで農家の方々のお気持を考えると気が重くなります。

 バケツで育てていた(といっても放任ですが…)稲が実をつけました。 「親はなくても子は育つ」の見本みたいなものです。
 が、愛情が足りなかったせいかほんのちょっとしか粒がありません。 「実っても頭を垂れぬ稲穂かな」 エラソウにツンと天を指しています。 (クリックすると拡大)
 このお米は食べられるのでしょうか? 乞う御期待
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月16日

城端さくら保育園

20030816161428.jpg 来年4月に町内6つの保育所(城端・蓑谷・北野・大鋸屋・北山田・南山田)が統合されます。 先日公募されていた保育所の名称が決まりました。 その名も「城端さくら保育園」…あれ?いつの間に「保育園」になったの?という感じです。 保育所と保育園の違いってあんまりないのでしょうか?
 「城端町の蝋山に自生するコシノヒガンザクラにちなみました」と名付け親である京都市の佐々木龍夫さんは書いているそうです。
 写真は現在の城端保育所。 30数年前に建てられたもので、当時デザイン賞をとった建築物です。 今見てもよくできていると思います。 勿体ない…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月02日

城端小学校改築事業ワークショップ

20030802141530.jpg 「地域に開かれた学校」を目指して、現在地で新築される城端小学校(H18開校予定)では利用者(児童・教師・PTA・地域住民)の意見を取り入れて設計しています。
 「学と遊の空間」(もうひとつは「開放ゾーン」)担当委員になったので第一回のワークショップに参加しました。 4〜5人のグループに分かれて、様々な意見をポストイットで貼りだします。 出そろったところで分類し集約して、次回のテーマを決めました。 我々はAゾーン(普通教室群)で子どもたちが、学びやすく&学校に通いたくなるにはどうするか?を詰めていきます。(クリックで拡大)
 個人的にはシックスクールの問題だとか、プールでの有害紫外線問題とか気になるところはあるのですが…。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月13日

おやつ作り教室

20030713181656.jpg PTAの教養衛生委員会で、親子で作るおやつ作り教室を企画しました。 スナック菓子や添加物や糖分の多いお菓子ではなく、安全な手作りのおやつを子どもたちに食べさせたいとの趣旨です。 想像以上の申し込み(130人超)があり、急きょ午前と午後にわけて開催しました。
 最初に栄養士さんの説明があったのですが、いまいち白砂糖の害について伝わらなかったのでは?と危惧しています。 虫歯だけではなく、生活習慣病の主原因であることをお伝えしたかったのですが…。
 PTA役員ということもあり、妻ではなく僕が子どもと参加しましたが、初めてかも知れません、子どもたちと一緒にお菓子を作るなんて…。 楽しかったし、おなかもいっぱいになって大満足で帰ってきた日曜日です。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月08日

社会に学ぶ 14歳の挑戦

20030708162159.jpg 今年も「14歳の挑戦」を受け入れています。 中学2年の生徒を5日間職場体験させる社会学習です。 うちには12日まで女の子2人が働きにきてくれます。
 挨拶からはじまり、掃除、POP書き、ラッピング教室、カットクロス作りなど初日にしてはハードな内容だったかもしれません。 明日からまた沢山の仕事があるので頑張ってもらわねば…。 彼女らにはいろんなことを学び、感じ取ってもらえたらと思います。
 今日はcosaシルクに薄手の木綿袴。 角帯は辛子色です。 予想最高気温が25℃だったのに、湿度が高いせいか暑く感じます。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月29日

PTA三連…

20030629163117.jpg 朝6時から子どもを連れてプール掃除に…。 小雨模様ですが沢山の方が出ておられます。 小学校・保育所の保護者や生徒、老人会?の方まで、地域の方々が支えています。
 一端自宅へ帰り朝食をとった後、小学校の溝さらいに…。 一汗かいてすぐに、温水プールへ…。 
プール当番時に万一のことがあっても大丈夫なように、救急講習会を受講。 着衣水泳を初めて体験しました。 泳ぎにくいけど、いつもより浮力があるので意外と楽でした。(僕は体脂肪が少ないので沈みます)
 そんなこんなで体力勝負の3つが終わったのがお昼前。 これから着替えて仕事です。 長い一日だなぁ…。

 片貝木綿の縞に、焦げ茶の木綿袴。 半衿はくすんだクリーム色です。 (写真をクリックすると拡大)

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月27日

田んぼの学校 その3 バケツで米作り

20030627165451.jpg 6/14の日記でチラリと写ってた、子どもがバケツで育てている稲です。 肥料はどうこうとかいろいろ調べてるようですが、果たしてこんなに密集した状態で実がなるのでしょうか???

 近所で採ってきたタンポポの根っこを初めて食べました。 キンピラ大根にちょっと入れてみたそうです。 最初は味が無いのだけど、噛んでるとジワーっと苦味がでてきます。 でも決して嫌な味ではありません。 生の強い植物ですから身体にいいんだとか…。
 こうしてそこらの野草(雑草)を食べ始めると、除草剤を撒く人が減らないかなぁ…と夢想します。

 今日はグレーの夏きものに薄手の正絹袴です。 じっとしてるより、歩いているときのほうが風を纏うので涼しく感じます。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月20日

抑止力?

20030620171936.jpg 例の事件(6/17参照)の警戒のため登校時間にPTAが交代で通学路に立ってます。 もちろん何事もないのですが、気づいたことがひとつ。
 別院山門前の信号の無い交差点が持ち場です。 T字路の突き当たりに立ってると、普段は一旦停止をおろそかにしている車が、きっちり停車します。 いままで脇に黄色い旗を持ってても効果はありませんでした。 目と目が合うせいでしょうか? ニラミを利かせてる…というよりは、お互い知った顔なので…とうことだと思います。
 同じことがイラクや北朝鮮にもいえる!というのは飛躍のしすぎですか? 互いのコミュニケーションがなにより重要だと思います。

 子どもを迎えに行った帰りに自転車の後輪が滑って転倒! 幸い子どもにケガはなかったものの、父親の肉体的&精神的ダメージが大きいです。 トシかなぁ…。 片貝木綿のきものと無地の木綿袴なので、汚れは洗って落とせます。(因みに半衿は黒地の麻)

 昨夜半に台風が通り抜け、蜂の巣が落ちてるのを発見。 なにげに虫取り網で処理します。 殺生するのはしのびないので、蜂は逃がしてやりました。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月17日

田んぼの学校 その2 田植え

20030617205416.jpg 富山県知事宛に速達で殺人予告が届きました。 「子供に死を!血の惨劇を!」だそうです。 緊急にPTAの執行部会が開かれ、万一に備えて子どもたちは集団下校、大人はなるべく外に出て巡回することになりました。
 いたずら…だと思いますが、一線を越えてます。
 他人のことに思いを巡らせる「想像力」のない人間が増えてきてませんか? 社会や政治や親…も悪いのかも知れませんが、根本は「食事」だと考えています。 いま勉強中ですので、後日私見を述べます。

 写真は学校で子どもたちがやっている「田んぼの学校」です。 もみから育てて、手植えして、こんなに大きくなりました。(クリックすると拡大)
 手前に一部なにもないところがありますが、泥遊び用にとってあるんだそうです。 ウムム…用意周到。
 地域の「想像力に富んだ」方々のおかげで子どもたちはのびのび育ってるようです。
 今日は広幅木綿で作った単衣に茶色の袴。 半衿は白っぽいものにしました。 早朝雨だったので、一日涼しいのかと期待していたら、晴れた途端に気温と湿度がぐんと上がって、事件とあいまって不快指数高し!
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月05日

新しい城端小学校

20030606133523.jpg 夜、小学校でPTA運営委員会がありました。 各委員会の経過報告や今後の流れについて説明があり意見を交わします。 今年初めてPTAの主役員を勤めさせていただくのですが、沢山の行事があるんですね。 各委員長さんは大変ですが、優秀な方が揃っていて驚きます。
 いつものように着物姿で出席です。 白っぽい木綿の単衣に木綿の袴。 辛子の角帯に楊柳に見える生成りの半衿です。 学校内は全面禁煙なのが嬉しいです。
 写真は新しい小学校のイメージです(クリックすると拡大)。 地域に開かれた学校になるのでしょうか?
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年05月18日

大人の運動会

20030520111955.jpg 気持ち良く晴れた小学校の運動会です。 いつもはちんまりと家族席なのですが、なぜかPTA副会長とやらで来賓席(の末席)に座ってました。 競技はよく見えるのですが、やはり臨場感に欠けるようです。 …来年はいつもの席に戻ります。
 子どもが2人とも白団だったので応援に迷いはありません。 結果、大逆転のすえ黄団に負けてしまったのですが、子どもたちは満足したようです。 本当にいい運動会でした。
 終了後神明会館で、知る人ぞ知る「大人の運動会」(謎)に参加し、白団優勝で子どもの仇をとってきました(笑)


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年05月03日

田んぼの学校 その1 種まき

20030503140036.jpg 城端小学校5年生の総合学習やわくわく体験教室(PTA主催。親子で様々なことを体験する)で「田んぼの学校」をすることになりました。
 種まきからはじまり、田植え、途中の生育管理、稲刈り、乾燥調整、試食、餅つき、わら細工、つもごり大市での販売等、米つくりに関連するいろんな取り組みを一年かけてするのだそうです。 講師は地元農家のボランティア。
 これぞまさしく生きた教育だし、地域に開かれた学校だと思います。
 広報担当の役員としてカメラ撮影をしてきました。 実は僕もお米の種まきを見るのは初めてで、新鮮でした。 面白い! 子どもたちもとてもイキイキしています。

 今日は朝からとても暑い! 文人絣の白木綿に生成のだまし半衿、黄色い角帯に薄茶の袴に素足です。
 縄ヶ池のミズバショウが今日から解禁になりました。
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月20日

雨のPTA総会

20030420135704.jpg 朝から雨が止みません。しぶきが返るくらいの強さです。 総会では人前に立つから準礼装を…と陰紋付きの紬無地に横段の袴を準備したのですが、泣く泣くあきらめました。 いつものように木綿袷と袴姿です。 さすがに裸足はまずいだろうと足袋だけ穿いています。
 他の役員の皆さんはスーツを着てますが、お一人だけ半ズボン姿で御自分のスタイルを貫いている方がおられたのでホッとしました。

 写真は店の前のドウダンツツジです。(漢字で書くと「満天星躑躅」←どうなってるんでしょうか??) 白い可憐な花を咲かせています。 秋には紅葉するので二度美味しいですね。(クリックすると拡大)


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月16日

PTA役員会

20030417115542.jpg なんのご縁か小学校PTAの副会長になる予定(総会の承認が必要)です。 PTAは圧力団体だと思ってたので(笑)、活動に懐疑的でしたが、会長の熱意に押されて引き受けてしまいました。 子どもたちのみならず親御さんにも日本の美しい習俗や伝統についてお伝えできたらなぁ…と思います。
 いつものようにきもの姿で役員会に出席しました。 20日に総会があるのですが、ど〜しよ〜かなぁ、なにを着て出ればいいのか悩んでます。 本来スーツと同格の紋のついた色羽織に袴なのでしょうが、そこまですると仰々しいし…。 一人目立つのも…っていつも目立ってますケド(笑)

 今日からじゃんとこいで「荒又利夫・高瀬忠信」水墨画二人展が始まりました。(クリックすると拡大)。
 城端俳句協会の「観桜句会」で詠まれた俳句も飾っています。 ぜひご覧になってください。
 縞のウールに茶色の木綿袴、半衿は袴の色に合わせました。 素足です。 そろそろウールも暑いなぁ…。


人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月23日

全日本中学スキーリレー優勝

20030223155357.jpg かなり旧聞に属しますが、第40回全国中学校大会で城端中学校を主力とする男子20キロリレーで日本一となる快挙を達成しました。 すべて一年生の女子も四位の大健闘。 これはすごい!ので書いておかなくっては…。

 話は変わりますが、京都南座三月大歌舞伎のチケットを取りました。 春になったらなんかウズウズしてしまって(笑)
 <昼の部>扇屋熊谷/保名/松竹梅湯島掛額
 <夜の部>源氏物語(須磨の巻/明石の巻/京の巻)
 [出演]尾上菊五郎/市川團十郎/中村福助/尾上菊之助/市川新之助/他
なんと両方見ちゃいます。 3等席ですけど…。
 今をときめく新之助の源氏物語…なんか違和感あるなぁ。 怖いもの見たさで。

 きょうは木綿の袷にごつい袴。 そろそろ先日仕立に出した袴が縫えてくる予定です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月22日

学校見学会

20030222120819.jpg 昨日、富山市の光陽小学校へ行きました。 昨年4月に開校した新しい学校です。 城端小学校が耐震問題で建て直さなくてはならないとかで、PTA有志で見学しました。
 オープンスクールを取り入れていて、子ども達はのびのびしているようでした。 エコスクールを標榜し、窓フキに新聞紙を使っていたのが嬉しかったです。
 案内してくださった西谷教頭が、学校のポリシーや建物の設計・備品の購入まで、熱意を持ってなさったことがひしひしと伝わってくる素晴らしい学校です。
 ただひとつ気になったのがシックスクールです。 建物が完成して1年以上経つのにまだ少しニオイがします。 開校まで3ケ月以上毎日窓を開放して暖房を入れましたが、なかなか消えないようです。
 時間的、予算的に城端の場合はさらに厳しいでしょうから、注意が必要ですね。
 写真はこの日の給食献立。美味しそうです。
【富山市立光陽小学校見学会】
http://sasatto.net/zatugaku/kouyou_es/kouyou1.htm

今日は茶の縞ウールに薄色の木綿袴。この組み合わせは初めてかも知れません。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月28日

子ども達からの手紙

20021228155914.jpg 12月11日に城端の坂について話をしに行った小学生たちからお礼の手紙が届きました。 回りにきれいな色を塗ってます。
 みんな一所懸命に気持ちを伝えようとしています。 本当に嬉しいです。 あの日の子どもたちのまなざしを忘れられません。 今年も残りわずか。 最後にいいことがありました。 (クリックすると拡大します)

 雪も一段落したようで、青空が見えています。 気持ちのいい一日です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月19日

作って遊ぼう

20021019125155.jpg 午前中に保育所で「親子で遊ぼう会」がありました。 子どもと遊ぶことが少ない(であろう)父親と、一緒におもちゃを作って遊ぼう!という企画です。 講師は富大教育学部の竹井 史助教授。
 たくさんの子どもとお父さん(や保護者) でお遊戯室はいっぱいです。 僅かな時間で、ストローロケット・ストロー笛・かざぐるま・パラシュート・ブンブンごまを作り、園庭で遊びました。楽しいですね。
 第3子ということで、いつのまにか長老の部類に入ってしまいました(^^; いつもこの保育所に来るとホッとします。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年10月17日

世界中の子ども達が

20021017132625.jpg 20日に小学校の学習発表会があるのですが、行けそうにないので予行演習を見てきました。 そこで歌っていた「世界中の子供達が」という歌が大好きです。
「世界中の子供達が一緒に笑ったら 空も笑うだろう ラララ海も笑うだろう…」
http://www.namiyoke.net/midi-box/09/ao/sekaijyu.htm
 こんなことをネットで書くと叱られそうですが、「君が代」に替えて日本の国歌にして欲しいくらいです。 明るく希望の持てる国になりますよ〜、きっと。

 「全くもってタイシタコトのない/世界的にみてソコソコの国がいい。」と書いたのは 女子高生。 「私たちが書く憲法前文 」という本の白眉です。



人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年09月30日

子どもたちのために

20020930173003.jpg『オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。 死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。 死滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。 そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。
 どうやって直すのかわからないものを、こわし続けるのはやめてください。』
 朝日新聞に'92年リオ・デ・ジャネイロ 国際環境開発会議(地球サミット)で当時12歳のセヴァン・スズキさんがしたスピーチが載ってました。 感銘を受けたので抜粋して掲載します。




人気blogランキングに登録しています。よろしければクリックお願いします
posted by きよべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。