2004年05月05日

つづら小路

266_1.jpg GW最終日、帰省していた弟家族も帰宅し我が家は静かになりました。 いよいよ城端は曳山祭モードに突入です。 今年は観光所望の申し込みが多く、沢山の方が訪れそうです。 なかにはきもの姿でお越しになるグループもあるのでお目にかかるのが楽しみです。

 天気のいい日はつづらこみちに打ち水をします。 日中は誰でも通り抜けられるので、店の中を(いちおう外ですが…)下校途中の小学生や近所の人が通り抜けて行く姿が何か面白いです。 みなさんも通ってみてください。

 今日は白っぽい久留米絣の下はスタンドカラーのシャツ、水色系のシケ引きの兵児帯に薄緑の木綿袴、グレーのタビに右近下駄で、書生の春の装いといったところでしょうか?
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月04日

写真展 曳山

265_1.jpg 城端にぎわい館「じゃんとこい」で福野町の写真家池田芳信さんによる写真展「曳山」が始まってます(5/16迄)
 曳山祭に関わる人物をクローズアップしたモノクロ写真展です。 どの人もみんないい表情をしてらっしゃるのでじっくりご覧になってください。
 今日はグレー地に黒縞と白のネップが入った伊勢木綿(4/17の日記参照)に薄めの黄土色の半衿、裂織りの角帯をへたれ結びにした着流しです。  粋に着こなしてみたかったので素足に右近下駄で。

【城端でこれからあるイベント案内】
http://www.craft-ran.com/ht/event.html
【2004年4月の日記】
http://www.craft-ran.com/cgi-bin/kimono/sfs2_diary/200404.html



posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月03日

憲法記念日に思うこと

 日本国民は,正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し,われらとわれらの子孫のために,諸国民との協和による成果と,わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し,政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し,ここに主権が国民に存することを宣言し,この憲法を確定する。そもそも国政は,国民の厳粛な信託によるものであつて,その権威は国民に由来し,その権力は国民の代表者がこれを行使し,その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり,この憲法は,かかる原理に基くものである。われらは,これに反する一切の憲法,法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は,恒久の平和を念願し,人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて,平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して,われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは,平和を維持し,専制と隷従,圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において,名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは,全世界の国民が,ひとしく恐怖と欠乏から免かれ,平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは,いづれの国家も,自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて,政治道徳の法則は,普遍的なものであり,この法則に従ふことは,自国の主権を維持し,他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は,国家の名誉にかけ,全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
------------------------------------------
 ご存知、日本の憲法前文です。 中学校で習う「主権在民」が高々と掲げられています。 民がいてこそ国があるのに、優先順位を勘違いなさってるエライさんが多いこと…。 それどころか「滅私奉公(国)」に近い憲法改正論まで出てくる始末。
 この前文の「日本国民」を「人類」と置き換えてみてください。 すべての人間(除く独裁者)の願いだと思いませんか? 僕はこの憲法前文が大好きです。
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月02日

お寺deフリマが始まりました

263_1.jpg
 気候の良い5月になったのでお寺deフリマを再開します。
 これまで「冬眠」してました…。 ゴールデンウィークのど真ん中ということで出店が少ないのでは?と心配したのですが杞憂でした。
 初参加が半分以上ありとても賑やかでしたよ。 詳細はこちらにアップしました。
【2004年5月2日のお寺deフリマ】
http://www.craft-ran.com/furima/20040502.html

 毎月第一日曜日の午後から行いますので、ぜひ冷かしにお越し下さい。 次回は6月6日です。

 縞の片貝木綿の下はよきもの倶楽部のシャツブラウスのみ、半衿はグレー系の細かい市松です。 春らしい薄いグリーンの袴に兵児帯を軽快に結びました。 グレーの足袋に右近下駄をあわせ、襟元のアクセントに黄色の麻ストールを…巻いていたのですが暑くって外してしまいました。 それだけいい天気だったということです。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月01日

城端曳山祭稽古はじめ

262_1.jpg 毎年5月1日は曳山祭の稽古初めです(実際はもっと早くから始めてるのですが…)。
 「今日から稽古が始まり、祭が近づきましたよ」と知らせる為に、写真の提灯を先頭に笛・三味線・太鼓の順で「三下り」という曲を演奏しながら町内を回ります。
 詳しくは昨年5月の日記をご覧ください。

 城端曳山祭は「どうすれば粋に美しく見えるか」という様式美も重んじます。
 合理性に流されず、守るべきところは守り残すところが若連中(わかれんじゅう)の美学なんです。

 今日はベージュの木綿単衣にくすんだ黄色の半衿、辛子色の角帯に紫茶のウール袴、アンドン仕立なのでおはしょりをして着てます(参照;08/10/2003)。
 膝下くらいまでたくし上げてるのですが、足元がスースーして寒い。ロングスカートの効果を身をもって知りました。
 タビはコーヒーブラウンで右近下駄を履きました。
 いまオリジナルの右近下駄を作ろうと計画しています、乞うご期待。

【2003年5月の日記】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200305.html
【2003年8月の日記】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200308.html

人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


タグ:城端曳山祭
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 曳山祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

人文字のピースになる

261_1.jpg 夏に解体が始まる城端小学校、最後の記念にと校庭で人文字を作ることになりました。
 残す文字は「城小2004」
 児童数が少ないので、数字の部分は保護者と地域の大人の分担です。
 300人程を予定していたのですが、GW中とはいえ平日なので集まったのは半分くらいでした。
 でも地域の人々が来てくださったことは嬉しいし、小学校が合併後のコミュニティの核になりえるとの確信を持ちました。

 県の防災ヘリを待つこと30分、ようやく撮影…といってもストロボが光るわけでもなく、いつの間にか終了してたようです。 しまったぁ、目をつむったかも(笑)

 今日は初めて下ろした縞の伊勢木綿の単衣に、薄い黄土色の地紋入りの半衿、黒の角帯にグレーの袴、黒っぽい模様の入ったタビに右近下駄です(4/17の日記参照)。
 妻はグレー地のホタル絞りの紬に黒地のハートの帯、いつもの縞の割烹着をやめてタスキがけでお仕事モード。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月29日

「佐々木祖山」展

260_1.jpg 城端町史館「蔵回廊」で始まった佐々木祖山展を見てきました(5/23まで)。

 祖山は城端出身の画家です。
 本名佐々木盛昌(旧姓大道)。 1862年城端に生まれ、幼い頃から漢学や南画の基礎を学び、国学の勉強を始め、さらには書画・篆書も身につけます。 その後独学で中国の書画・画法を研究実践しました。 ちなみに雅号の由来は井口の「赤祖父山」からだそうです。

 特徴は古代中国で使われていた「竹筆」を用いたことと、漆を使った「漆画」です。
 竹筆というのは竹を細く細く割ったもので、毛筆より固い線がひけます。 古来の方法で描くとすれば竹筆が必要←なるほど「筆」という文字は竹冠ですね。

 また「萬世漆画」と名付けた日本画は、腐敗しやすい動物性のニカワの代わりに植物性の漆を顔料に混ぜて描く技法で、試行錯誤の末に生み出されました。
 日本の風土にあった画法だということです。

 佐々木祖山展の感想ですか? う〜〜〜ん、苦手なジャンルかも…。

 今日は縞の片貝木綿に麻混の黒っぽい半衿、鉄色の兵児帯に薄い苔色の木綿袴、きれいな緑のタビに右近下駄。 黄色い麻のストールを巻いています。

【城端でこれからあるイベント案内】
http://blog.livedoor.jp/johana_event/


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。



タグ:佐々木祖山
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月28日

さようなら、輪番さん

259_1.jpg 現在の城端別院には住職がおられません。
 戦後間もなく本山(東本願寺)から派遣される輪番制になりました。
 きょうは十代目の輪番であった夏野右近師の送別会と新しく赴任される輪番の歓迎会を行う日です。 縁あって出席させていただくことになりました。

 別院の対面所にはビックリするくらいの沢山の人・人・人…。 そうですね〜概算二百人くらいはおられたでしょうか。
 これも日頃別院に対する町民の思い入れが強いことのあらわれだと思います。

 夏野師は高山市の隣の清見村に自坊をお持ちで、4月よりそちらで布教活動とともに、保育所のお世話もなさるそうです。
 いままでは村営に近い形だったのが、高山市と清見村の合併に伴い自力で運営せねばならなくなったということでした。
 性急な市町村合併によるしわ寄せですし、城端にとっても夏野師がおられなくなることは損失です。

 今日は寒い! 青いウールのきものに縞の半衿、兵児帯にチャコールグレーの袴、グレーのタビに右近下駄。まるで冬の装いです。 これに黄色の麻のストールを巻きました、襟元だけ春っぽいかな。



人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


タグ:城端別院
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月27日

昭和の音と古布展

258_1.jpg

 じょうはな織館で始まった「昭和の音と古布」展を見てきました(5/23まで;水曜定休)
 小矢部のヴォイスミュージアムの珍しい蓄音機を展示、懐かしい音を鳴らしてくれます。

 織館の前身は昭和初期に建てられた城端織物会館です。
 同時代の蓄音機やラヂオとともに当時の写真を陳列してあり見応え充分です。

 僕が気に入ったのは女工さん達のきもの姿、柄on柄の今風の着こなし(?)が逆に新鮮です。
 役場職員や議会議員の普通の袴姿もイイかんじですね。

 朝から嵐のような天気です。 暴風雨が吹き荒れ傘をさすどころか歩くこともままなりません。
 聞くと城端ー井波間だけで、他ではそう強い風は吹かなかったようです。 ひょっとして風の流れが変わったのでしょうか? 我々は自然への畏敬の念を忘れていたかもしれません。

 今日は木綿の袷に柿色の半衿、黒の角帯に帆布の袴。 足袋をはきたかったけど、雨があまりにもひどくて裸足でした。


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。

タグ:蓄音機
posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

きもので過ごす休日

257_1.jpg 気持ちよく晴れた定休日。
 子ども達を学校へ送り出した後、富山と石川の県境にある倶利伽羅不動寺へ(2002年10月28日の日記参照)。
 夫婦できものを着て倶利伽羅へ出かけたのは初めてです。
 八重桜まつりの準備中でザワザワしています。 今年の桜は開花が早かったので見頃は終わってましたが、まだ花は残ってました。

 昼は大覚寺さんで祖母のお経をあげていただくことになったので家族でお参りしました。
 僕は紋入りの紬に無地羽織。 妻はグレー系の小紋に紫の帯です。
 お食事を頂戴した後、お墓参りへ。
 こうしてのんびり過ごせた休日は気持ちが休まります。

【2002年10月の日記】
http://www.craft-ran.com/kiyobe/kiht/200210.html


人気blogランキング人気blogランキングに登録しています。よろしければ1クリックお願いします。


posted by きよべ at 00:00| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。